Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
気合を入れて、授業開始の2ヶ月以上前から事前登録をしていた
Abnormal Psychologyのテスト

The final examination consists of three cases. For each case, you are to complete the attached two page handout, which will ask you to provide diagnoses (EACH CASE HAS A PRIMARY, SECONDARY, AND DIFFERENTIAL DIAGNOSIS), specific information about the PRIMARY diagnosis, and questions about psychotherapeutic treatment and prognosis. The diagnoses should be made using the DSM-IV materials in the packet of readings. The questions about treatment and prognosis can be answered using both the DSM-IV materials and readings (from the packet and books).

Take homeなので、来週の月曜日までに先生にメールで回答を送信。
そして、今現在格闘中なのですが。

お持ち帰り試験の厄介な点は
いくらでも時間をかけられるけれども、試験ゆえに答えの方向性はかなり定まっており
間違えた答えを書いているのかもしれないという懸念を常に抱きながら
与えられた教材をつまみ食いして、模索して、考える

さらに「こんなに時間かけたのに間違っていたらどうしよう。」なんてことをまた考えながら、それでも完璧な答えを追求してしまう。
調べだすときりがないので、そんなことに何時間でも費やせる

でもね、やっぱり私は留学先で勉強していることが好きだなって
試験問題を解いていると面白いくらいに実感できる。

教材を読みあさって知識が増えるほど(これは日ごろのリーディングを怠っていた証拠でもあるのだが)、なんだかワクワクしてくるし
お医者さんの気分で、診断書を書いているこのロールプレイが
なんともいえずワクワクする。

どのような処方をするか。
Cognitive Behavioral Modelを使うのか
Medicationを使うのか
そして、記述されたケースから患者の性格を読み取ったら
彼もしくは彼女は、その後どのような経過をたどるのか
回復のペースはどのような感じなのか

日ごろから、落ち込んでいる人を励まして
その人が笑顔になったら、私はすごく嬉しかった。
だから、こうゆうケーススタディはかなり本気でのめりこむことができる。

試験だったら「ドンマイ。と声をかけて励ます」なんて書いたらもちろん部分点すらもらえないわけで
いかに理論的に、DSM-IV-TR(published by the American Psychiatric Association, is the handbook used most often in diagnosing mental disorders in the United States and internationally.)を引用しながら形にするかが重要となる。
すると、なんか自分の作った診断書が、理論的かつ実用的なものに思えてきて楽しくなってくる。

ひとつの診断を下すのに、6時間以上もかかって
迷って、迷って、考えて、書き直して、でもやっぱり・・・・
といって最終的に決断を下したりする
そりゃ、最初からそれに決めてれば!とも思うけど
そうやって、ひとつの課題に一生懸命になれている自分は嫌いじゃない。

最終ケースの考察と、全ケースの清書をさくっと終わらせちゃいたいと思う反面
もっといろんなケースをみてみたいという好奇心もくすぐられた

・・・・でも、やっぱり深夜3時を回るとちょっと眠いかな(笑
スポンサーサイト
トリプルベリー味のクリームチーズをたっぷりつけたベーグルと
お気に入りのレモンセサミドレッシング、ブリーチーズ、ヒマワリの種をトッピングしたサラダをお昼に食べたら
お腹いっぱいになって、このまま昼寝をしたい衝動に駆られるゆきのんです。

こんな食生活できるのもあとちょっとか(笑)
としみじみ思ってみたり。

Spring Flingは一言で言えばすごかった
もう一言つけたすなら、みんな酔っ払いすぎ、パーティーしすぎ
それでもってご老体は全力でついて行けない・・・(笑
そんな感じでした。
でも個人的には思い出の多い週末だった。

それでもって今日はフランス語のプレゼンテーション。
フランス語がわかる人は、恥ずかしいからあまり見ないでほしいし
わからない人にはまるで分からないから見ないほうが言いと思うけど

先生からすっごくお褒めの言葉をいただいて
笑いもばっちり取れた作品です。
あらすじが知りたい人はコメントしてくれれば追記するよ
では、うちらのコントをどうぞ・・・

続きを読む
終バスを逃したことで
やり場のない苛立ちを若干覚えたこと
見知らぬ外人に心理学の議論を持ち込まれ
頭の回転が追いつかずに会話がかみ合わなくなったこと

それら理由に先輩らの前でふて寝に近い爆睡を公開したこと
想定の範囲外のできごともあったけど

全体的にみたら、ものすごく意味のあるNYへの旅だった。

続きを読む
月曜日はAbnormal Psychのゼミの授業。
今週はTake HomeのMidterm提出で
授業開始前にクラスメイトの子と試験について話したけど
「実際に構想しだすと予想より難しかった。」という意見で合意。
でも、私結構最後の方やけになって仕上げたから・・・
まあ提出しちゃったものは提出しちゃったでいいのです。

このゼミのテーマはBodyImageなので
Depression、Anxietyなどと共存する
身体に関するDisorderについて学ぶんだけど

今日のテーマはAnorexia&Bulimia
アメリカ人は肥満が多いと思われがちで、実際そうだけど
拒食症や過食症の人も多いのだ。

ただ、過食症の定義ってすごく難しくて
試験勉強中にいつのまにかポテトチップを完食してたり
家で友達みんなで集まって映画を見るはずなのにみんな彼氏もろもろの事情でドタキャンをしたから、宅配ピザの半分以上を映画に夢中になっているうちに食べたり
TVみながらアイスクリームの大きい容器からスプーンを使って食べてたらいつのまにかなかったり

そうゆうことって誰にでもたまに起こるでしょ?
いや、絶対起こるよね??

食べ過ぎたことがない人なんてほとんどいないでしょ?

でも、そうするとDSMの定義では過食症の枠に入ることもあるの。
吐かないと過食症にはならないんじゃないか?って意見もあるけど
全ての条件を満たさなくてもいくつかの条件を満たすことで、その診断を与えられることだってあるのです。

というわけで、先生が投げかけたおもしろい質問。

Is cookie monster Bulimia??
(クッキーモンスターは過食症か?)

答えはもちろんNOなんだけど
これには様々な珍回答があって
Because he is a puppetとか
Because he does not swallow
だったりとか

まあ、本当の理由は彼は精神的に苦痛を感じていないから
Happyな日常生活を送っているから
ってことなんだけど。

ちなみに今日の私は自由気ままでした
English Toffee Cookie(@AuBonPan)と
Twix(いつものお気に入り)と
Caramel Bites(これ美味しいの!)

ちょっとキャラメル気味な私のお腹
まあ、精神的な苦痛は感じてないが、自分への罪悪感は感じるので
ちょっくら燃やしにいってきます。
前日まで忘れていたフランス語のオーラル試験。

あまり準備せずに言ったからもちろんしどろもどろになることもあるわけで
とりあえずなんとか乗り切った。

B+って私の中では別に良いんだけど、先生はそれでも
「この成績で納得できる?」とか「次があるからまた頑張ってね。」
っていうんだけど
え?これって平均を余裕で下回ってるってことなのか(汗)
まぁ、いっか・・・

20分の試験だったけど、結局先生と試験の後一時間位話し込んだ。
オーラルの試験のフィードバックで言われた事は

グラマーと発音をもっと頑張りなさいってこと。

ってこれ言語を話すときの基本じゃないの(苦笑)

いまのフランス語の先生は25歳くらいで
パリ育ち。子顔で笑顔が可愛いくて、いかにもパリジェンヌって感じ。
英語がネィティブではないので、発音が時々ちょっと違ったりして
「英語が下手でごめんなさいね。」って謝るの。
英語が第二言語な自分としては、結構共感できちゃう。

あなたはShyなのは分かるし、授業中に話すのがFrustratingなのも分かるけど・・・・って
自分の言っていることに自信がないと自ずと声も小さくなるって。

先生の英語それと似ているから、気持ちは分かるけど
言語って使わないとどんどん喋ることができなくなるよねーって。

前クラスメイトに「交換留学してて、英語も勉強してるのにフランス語も勉強するの大変じゃない?」みたいなことを言われたが

冬休みのパリ旅行で自分のフランス語が役に立たなかったこととか
フランスの地方に旅行がしたいって思いとか
アジア人の外見でフランス語がしゃべれなかったら
フランス人に完全に甘く見られるのが分かっていることとか

まあ、そうゆういろいろな経験を思い出してモチベーションをあげていこうと思う。

言語を大人になって学ぶことの難しさは
大人になると間違えることに恐怖心を覚えて、自信を持ってしゃべれなくなる
間違いたくない→話そうとしない→喋れない・・・・
ってこの悪循環な気がします。

こうゆうときスポンジみたいに物事を吸収できる子供って羨ましいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。