Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
先週、留学中の最後のNYCに行ってきたとMIXIに書きましたが
マンハッタンでやり残したことがあったのでもう一度行きました。

フィラデルフィアからはチャイナタウンバス2時間程度の道のりを往復20ドルだけど
いまいる町RyeからだとMetroNorthという電車で急行なら40分の道のりが片道9ドル。
つまり距離と時間は大きく違うのに値段は大して変わらない。
中国人って商売上手なのかな?物価の感覚が高めの日本人としては疑問に思うところです。

と、長めの前置きはさておき、やり残したこととは
Phantom of the Operaを見ること。

感動するものが好きで、ミュージカルもわりと好きな私
そして、ミュージカル通ののりちゃんから
「ファントムは絶対に絶対に見て帰るべき」とダメ押し、ごり押しをされていたので

これは観なかったら後悔すると思い、
公演3日前にチケットを買いました。

居候先に迷惑をかけたくなかったのでマチネのお昼のショーの選択肢しかなかったので
ネットでは一番高いエリアの席でも、最後尾しかあいていない状態。
当日券ゲットの淡い期待はしないほうがいいと思い、奮発してその最後尾の席を買いました。

劇場に行ってみると、どうやら昼のブロードウェイは中学生とかがフィールドトリップに来るケースも多いらしく、引率の先生と中坊が結構いた。満席の理由はこうゆうことか・・・

そして、実際に公演をみた感想は・・・・・

ファントムが泣く場面で、この私も号泣してました。
ハンカチ持っていって正解だった。

なんだろう。共感でもなく同情でもなく・・・・・
でも、痛いくらいにファントムの切ない気持ちが伝わってきて
自然と頬に涙がつたってしまうの・・・・
一人だったから余計に周りを気にせず泣けちゃいました。

あまりにファントムに感情移入しすぎて、自分でもびっくりです。
ここまで人を引き込むことのできる舞台って9歳のときにブロードウェイでみた見た”キャッツ”以来かも。

日本だとあまり舞台を見る機会がなかったのですが、
留学中の9ヶ月で4つもミュージカルをみることができて
やっぱり「生」は良いなとしみじみ思いました。

ブロードウェイはいくつか見たけど、舞台演出と音楽とストーリーを全部あわせた総合得点で比べたら、「オペラ座の怪人」はダントツで一位でした。
特に舞台演出!シャンデリアが落ちる話は有名だけど、ほかにもいろんなところにいろんな仕掛けがあって。
場面が変わるときに、自然とさりげなく、でもガラっと舞台装置が変わっているのには参りました。

のりちゃん、やっぱりあなたは正しかったよ!!!!

また観たい!って本気で思わせるミュージカルでした。
ブロードウェイ史上、一番ロングランなんだって。

文句を言わせてもらえば、やっぱりあまりものの席だったから
値段の割りに場所があまりよくなかったこと。
2階席が完璧に頭上にかぶってるからシャンデリアが上にあるのが見えないんだもん!!!!こればっかりはどうしようもないね。

というわけで、次回NYに来たときは、券をもっと早めに予約し、
前の席を確保したいと思います。

そして、できれば一人で泣くのではなく、誰かと一緒に泣きたいです・・・

(写真もたくさん取ったけど後日アップします。この感動を冷めないうちに文章にしたかったので。)
スポンサーサイト
今日はうちの寮主催のスキー旅行に行ってきました。
前日3時に寝たために、7時20分に友達に起こされて
20分で支度してでかけると、朝からバタバタしてたけど

Pennから車で2時間半くらいのCamelBack
最近の東海岸の気候は、例年よりも温かく
今日も恐らく10℃はなかっただろうが5℃はあったと思う。

私は「冬期訓練」とかいう意味不明な名のもとに
中学高校と毎年一回はスキーをしていたし
うちのゼミの先生はスキーがプロ並みに上手でいつもゼミテンをスキーに連れて行ってくれる(というか、ゼミの年間計画に有無を言わさずすでにはいっているし
超上手!ってわけではないけど、上級者コースもこぶ以外だったらなんとかなるって感じ(滑り方の美しさとかはおいといてね)
まあ、それなりに滑れるってことね。

でも、仲良しの台湾ニーズの子が、全くの初心者だったため
今日のおいらはほとんど指導に徹してた。

他の香港ニーズの交換留学生も未経験が、数回しかスキーをしたことがないらしく、みんな止まることと曲がることに必死になっていた感じ。

いやいや、それにしてもあまりにも慣れていることって
自分は無意識にやっている動作なので教えるのが本当に難しい
しかも、英語で教えないといけないしさ・・・
「重心を前にとか」
「へっぴり腰にならないで」とかさ(笑)

一度、ちょっと頑張らせて初心者コースで滑らせて
転ばせまくってかなり罪悪感を感じましたが
今日一日でかなり上達してくれたので良かったですww

With LENA
さて新しいカメラで撮った写真を始めて載せてみましょうか
(でもサイズ縮小しちゃってるのであまり分からないか?)
続きを読む
28日
早朝3時にNYCのタイムススクエアを出て
4時過ぎにチェックイン。3人とも半ば眠りながら
とりあえず6時のフライトでアトランタまで飛び
そこで3時間半待たされた後また乗り換えてオーランドへ。
アトランタの空港はハブ空港と言われていて乗り換えの乗客でわんさか。
そのごった返した雰囲気がなんともいえない息が詰まる感じがした。
競争率の高いソファの3席分を占領して爆睡する、日本人Galsは周りからどんな風に思われていたのかなんて、考えたくもない。

オーランドについてから、初日はチケットを買った後は
ホステルの目の前にあるスーパーで買出しをしてまったり。
一泊15ドルのホステルは、バストイレは個室で4人部屋に対して4人(正式には1人強引に入れ込んだので5人だが)だったので、ホテルの部屋となんら変わらない。ニューヨークのホステルよりも広いのに格安なのはおそらく地価の関係なのだろうね。まあ、当たり前すぎるけど。

怒涛な日々はここから始まる

29日ユニバーサルスタジオ。
気合を入れて開園と同時に行ったら空き空き。
しかもアトラクションが思ったよりおもしろくないかも・・・なんて不満を一同抱えつつも誰も口にしかなかった(笑)
心理学的に、待ち時間が長いほどその乗り物がおもしろくなくても実際よりもおもしろかったように感じるっていうのは本当なのかもしれない。
午後はアドベンチャーランドへ移動。
こちらは絶叫系の乗り物が多くて、きゃなり楽しめた。
私のお気に入りはハルクのジェットコースター。

30日エプコットセンター・MGMスタジオ@ディズニー
午前中はエプコットにてぬるい乗り物とワールドショーケースでまったり。
日本館の三越デパートが主催するお店で買い物をして、店員さんの接客態度の素晴らしさと、ギフトラッピングの手慣れたしっかりとした包装に感動しすぎた。
11歳の時の新年カウントダウンは、家族そろってイタリア館の目の前だったとうことを思い出しながらもちょっとじーんとしたりも。
(本当は日本館に行きたかったのに、人が多すぎてたどり着く前に年が明けてしまったというオチ)

午後MGMに移動してからは、時間がないからメジャーな乗り物に乗ることに。
80分待ちだったロックンロールコースターは、3人とも大興奮する結果に。
まさかディズニーなのに回転しちまうとは・・・いい意味で予想外だった。
今度東京ディズニーシーに来るといわれている"Tower of Terror"にも乗ってきました。いやいや、ディズニーであんなに絶叫するとはね。ふふふ。

そして、さらに感動的だったのは割り込み作戦に成功し
(座席を空けてくれたのは日本人家族だったことがポイント)
30分前に行ったにも関わらず一列目のど真ん中で、Fantasticという水上のショーを見れたこと。感無量。
水のスクリーンに映し出されるアニメーション、惜しげなく使われる日と水の演出に、ため息がでたことうは言うまでもないです。


31日マジックキングダム@ディズニー
東京ディズニーランドとマップがほとんど同じだったので
乗り物に期待をしてなかったけど、東京ディズニーよりも乗り物が長かったり、凝っていたりしておもろかった。
でも、パレードの完成度は断然日本のが高いと思う。
シンデレラ城は品がないし。
まあ、今日の目的はカウントダウン!!!
すごいのはシンデレラ城の屋根から一本の紐がつるされており
そこから本物の人間がティンカーベルに変装して毎日飛ぶわけ。
スタントといえども、命綱一本で恐ろしいのではないかと思いますが。
惜しげなく打ち上げられる花火を見ながら
一年間を振り返ってしみじみしました。

1日ユニバーサルスタジオ
前日遊び過ぎたので今日は10時くらいに出発。
ホラーのメイクアップショーみたり、
マミーの恐いジェットコースター乗ったり
ポパイの船の乗り物でずぶ濡れになったり
ハルクでもっかいはしゃいだり
いいとこ取りをしてました。

まあ、自分が覚えておくために走り書きになってしまいましたが
フロリダのたびを通して思ったのが
ディズニーやユニバーサルの観光客をカモにした偽タクシードライバーの多いこと。
そりゃ、若干安くしてもらえるのはこっちに取っては悪い話じゃないが
192道路沿いにホテルがあると言って、自分はその道沿いに住んでいるといっておきながら、到着した場所がそのホテルの周辺にすごく似ている全く違う場所だったりして。明らかにその道路沿いでないロケーションからわざと間違えたのは明らかなのに、それでもって倍の金額をいきなり請求してきたりするわけわからんおっさんとか。
元旦早々、タクシーを乗ろうとすると相乗り乗車をはかっておきながら明らかにその女の子達もグルなんじゃないかというやくざっぽいおっさんだったりとか。一台で20ドルしない距離を、1人25ドルでどうだといってきたりね。

きっと2年前の私だったら、社交的に話しかけてきた人には愛想よく対応していただろうが。この2年間で素直じゃなくなったというか、少し世間を疑うようになったというか。そうゆう初対面のうさんくさい人々を安易に信用しなくなり、会話をけしかけられてもあまり乗れなくなっている自分に気づいた。話が盛り上がればある程度の信頼関係が生まれて、ちょっとくらいお金をごまかされても人が良ければ「まあ、いいかな。」って思ってしまう。でも、人間関係において情を操ってお金をうまく得ようとする人間って、人としてどうなの???
なんていろいろと考えさせられたフロリダ滞在期間でもありました。
23日:
朝7時のチャイナタウンバスでNYCへ。
3日間のストライキが終わり、今日から地下鉄が通常通り動き出すという。
私ってばなんてラッキー★
軽く迷子になりながらも、UpperTownのWest107thStまで

遅めのアメリカンブレックファーストをみんなで食べて
Sohoでお買い物。NYCは何回も行った事があるが
さりげにSoho初体験だったりする。
クリスマスのSecretSantaのプレゼントを買って満足。
そして、SABONって天然ミネラル成分を使った石鹸などを売っているお店で、四海のミネラルで作られた泥パックを購入。
そう、私はLUSHやBODY SHOPを始めとする
こうゆう系のお店に非常に弱いのであります・・・

夜はRENTを見る。
人物関係はかなり複雑だったけど、勢いがあって面白かった★
やっぱり生のミュージカルっていいなと思う。
印象的だったのは、準主役のSM嬢役のミミのしなやかな動きと(後日談によると元スパイスガールズらしい)
コロンビア大学現役大学院生の日本人の役者さんが、ものすごく目立つ蛍光ピンクのビキニ一枚で颯爽と踊っている姿。
もちろん脇役ではあったけど、ブロードウェイでレギュラーで毎日出ているってことは同じ日本人として誇らしいことだと思うし。

ブロードウェイなのに役者にマイクをつけていることにちょっとがっかりしたのだが、それは普通だったらしい。(前回「屋根の上のバイオリン弾き」を見た時につけてなかったのは見間違いだったのか。)

名物のロックフェラーセンターのクリスマスツリーと
SOHOのお洒落なライスプディングのお店に行ったのもこの日。

24日:
クリスマスイブはなぜかRussian Turkish Bathsへ
その前に一週間分のメトロの地下鉄チケットを買って2日目にして紛失
馬鹿すぎる・・・・
高温サウナで毛穴を開いてからだの不純物を全部出したって感じ
自分へのご褒美として、全身泥パックマッサージをやっちゃった。
顔の毛穴の黒ずみ、一瞬にして消えました・・・
ちょっぴり奮発して大正解だなって感じ。

Centry21で念願のブーツを買っちゃったし。

夜はリトルイタリーでイタリアンレストランを予約
お食事満喫。メインの海老が美味しかった事は言うまでもないけど
最初のアントレーから最後のデザートまで幸せいっぱいでした。
結構奮発したのよねww

夜は部屋でワインを買ってシークレットサンタのプレゼント交換
トランプのゲームして盛り上がりつつ夜は更けていったのです。

25日:
ゴスペルを聴きにハーレムの教会へ。
かと思いきや長蛇の列で入れず、結局ハーレムの雰囲気をみて終った。
でも、黒人の人々がドレスアップした姿をみるのはなかなか感慨深かった。

チャイナタウンでブランチを食べた後に
シンガポールのダレンとは当分のお別れ。
この3日間が楽しかったからやっぱりちょっと切ない気分になりました。

ここからは千恵ちゃんと女の子二人での行動。
とりあえず、フルに数日動き回ったからホステルで休憩することに。
緊張の糸がほぐれたのか、
日本語で語りに語っていたら時間があっという間に過ぎていった。

夜は、日本人街の「ケンカ」って居酒屋でヒロたちと合流してワイワイ日本式クリスマス。注文も日本語だし、食べてるものも日本食だし、なんだか日本にいるみたいだった。

26日:
千恵ちゃんが国連に言っている間に1人でショッピング
アフタークリスマスセールでMacy’s混みすぎ!だったけど
そして、そこで時計みたいなキーホルダーを買う(しかしその数日後に失くす)

そして、またまたSOHOでショッピング
レスポの鞄を見るはずがなぜか、BodyShopのお姉さんと意気投合し、30ドル近くも買うことに(笑)バスグッズには当分困らなさそう......

夜はすごく有名なピザ屋で食べた後に
NYでクリスマスを過ごしている、バイト仲間のアコと久々の再会
もうここからはGirl Talkですww
いやーつもりに積もった話を全部話すのには足りなかったが
来年からは記者さんになって地方に飛ばされてしまうので
今回会えて非常に良かったとは思っています。

27日:
火曜日でMOMAが休みであることを知り
グーゲンハイムへ。名物のカタツムリの外見をした建物は現在工事中なため、外からの外見はすっごく微妙。
ロシアからの特別展を見ながら、私は芸術家が怒りそうなコメントばっかりしていたが
それなりに面白かったけど、ピカソなどの常設店の方が私は好きかな。
一番好きだったのは、チケット売り場から見あげるグルグルの天井だったけどさ。

そして15時過ぎに交換留学生のカリッサとその彼氏と合流して
25日に混みすぎていけなかったチャイナタウンの飲茶へリベンジ
しかし、時間が時間なので食べ物の種類が少なかったんだけど
それでも、すっごくいっぱい食べてチップつけて1人5ドルとか!
値段を見た時に何かの間違いだと思いましたよ・・・・・・

その後、59thあたりのブルーミングデールスから始まり
二人して再びショッピング。バナリパで同じデザインのキャミを2枚も買うという大胆な行為に出るが。後日これ一枚で着るとかなり挑発的になるということが分かりました。そのためインナーを買わないとです・・・

夜には日本3日間の短期滞在を終えたノリコ嬢と感動の再会。
実は私はテスト週間から会っていなかったから1週間以上顔をあわせていなかったことになる。

R太少年の滞在するホテルに居候し
5番街の高級シャンパントリュフと生チョコと、ワインを飲みながら
深夜3時にシャトルバスが迎えに来るのをひたすらまったのでした。
チョコレート2000円以上食べたんじゃないかと思われる・・・
しかも人の(苦笑
なぜならフロリダへのフライトが早朝6時発だったから.....
はじめて海外に一人で旅をしたのは大学2年の時だった
そのときは、不安で不安で
いつもと比べて異常にお父さんが優しくて
値段だけが高い成田のレストランで上げ底のちらし寿司を食べたのを覚えている
おの図体の大きいパピーが「日本食はもう1週間食べられないだろうから」って自分のにぎり寿司も半分以上くれた。いつもは食べ物競争に張り合ってるだけに(笑)ものすごくびっくりしたのを覚えている。

あの時は、不安で不安で仕方なくて
お別れするのが嫌だった。
不安そうな私を励ますために、中に入ってからエスカレーターを下る時に
ガラス窓越しに見えるうちのお父さんが笑顔で泣きまねをするものだから
それをみて思わず泣いちゃった。

次の一人出発はいきなり飛んでこの留学。
家族全員とおじいちゃんが成田まで見送りにきた。
8月頭と日本国民がバケーションラッシュをする時期だったために
小さい荷物検査所から、人の頭を超えて手を振ったっけ。
涙対策の帽子とサングラスはあまり必要なかったけど
やっぱりちょっと寂しさが残った

それでもって次はボストンへ行くために相棒と二人での空港
ランダムで選抜される特別荷物検査にひっかかり
はさみを入れたままにしたので気が気ではなく(そのくせ取られなかった)
ボストンキャリアフォーラムなんぞやというストレスフルなイベントを控えていたために浮かれている時間なんぞなかった。

だから今回のDepartureは今までの中で一番わくわくした。
最初から一人で{大学ー空港}巡回の送迎バス(サンクスギビング休暇によりサービスなんだって)に乗って、指定のターミナルで下りる。
Eチケットであまりにも簡単に発券ができて
おもしろいくらい荷物検査も余裕にスルーで
いざ空港内に入ったらわくわくして思わずにんまりしちゃった。
無造作に置かれているロッキングチェアに座ってみたり
小さなショッピングモールとも言えるくらいバラエティ豊富なお店たちを外から眺めたり
そんなことをしている自分の足取りはすごく軽かった。
友達に手当たりしだい電話して、「今フィラデルフィア国際空港なんだー」なんて自慢したかったけど(笑)、電池が一本しかなくて到着後のお迎えのときに連絡が取れなかったら話にならないので自粛。

5時間半後にカリフォルニアに到着した自分に
どんなことが待ち構えているのかと思うと、楽しみ☆☆

課題?
そんなもの、いっぱい貯めてしまったさ
So,What?
Guys!It is Thaks giving!

七面鳥を食べれるかどうかはわからないけどめいっぱい楽しみたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。