Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
先週も書いたけど
金曜日の夜は、みんなパーティーをする
だから、夜のキャンパス内を集団で行動する人がいっぱい。

でも、今週の私はパーティーなんて行く気にもなれない
やることが多すぎて・・・
いけない。
たとえ深夜に能率があがらなくて部屋にいて意味がなくても
今夜は夜遊びする気分ではない。
今週はいろんなことがあって、先週よりも長く感じた。
若干、人間不信になることもあって疲れたし。

夜食に、禁断のチョコクッキー(カントリーマアムの10倍サイズ)を食べて、まずいコーヒーを飲んで準備完了。
アメリカ来て女の子が太る理由はお菓子にあると思う。
少なくとも私はそう・・・・

勉強する気になれず、日本の友達や交換留学生とメッセでたくさん話して
結局2時近くになってるけどこんな夜の過ごし方も悪くない。
隣の部屋で恋バナに花を咲かせているルーミーたちは
私の部屋から怪しい言語と笑い声が聞こえることを不信に思ってるだろうが。
間違いなく。

確かに、4人でシェアして他の3人が談笑してる中に
積極的に入っていかない私はいけないのかもしれないが
だって、3人共通の知り合いの話とかされても分からんし。
私の中でルーミーとの付き合い方は結構確立してきたので
無理に会話に入って仲良くする気はあまりない。
別に冷めているわけではなく、それなりに話題があれば話すし
気を使ってるつもりもないし、使われてるつもりは全く(笑)ない
ペン大の黒人の数が少ないから、黒人同士のつながりはすごく強いらしい。
さすがに、黒人文化の壁を簡単に越えられるとは思わないので。

ただ、私も日本人の人と話すと落ち着くのと同じ感覚を
彼女達も持っているのだろう。
ただそれだけのこと。

さてさて、明日の夜に気持ちよくお酒が飲めるように
深夜2時を過ぎたこれから
ちょっくら頑張ってみますかね・・・
スポンサーサイト
今日はいろんなことがちょっとずつあったって感じ。
全部書くとすごく長くなると思うから、思い出せる範囲で。

まず、6時半にルーミーのお母さんからの電話で起こされる。
個室に電話を持っているんだけど、電話番号は部屋で共通だから
かかってきたときには全部屋の電話が鳴る・・・・
寝ぼけ気味ででると・・・”Happy Birthday sweetie!”って

は!?

常識的に考えてこの時間はまだみんな寝てるだろうって感じなのだが
娘さんは寝てるよって伝えたら、ちょっと意外そうだった。

寝ぼけてたのでシャワーに入ってたら、他のルーミーがすごい勢いでノックしてきて。
「トイレに行きたい。」って訴えられた。
そりゃ、ちょっと我慢してくれよ・・・・もうすぐ出るから。
って思ったんだけど、きっとよっぽど切実だったんだろうと思い
バスタオル一枚で一時的に撤退。まあ、後は着替えて、浴槽軽く掃除するだけって時だったので別に特に問題はなかったんだけど。

というわけで朝からいつもと違うことが起こりバタバタ。
ルームシェアならではの体験ですが、これもネタになる。

うちのルーミー本当にみんな適当で受けるんだよね。
風呂掃除当番、いい加減決めないと・・浴槽そろそろかびると思う。
最近ジムでシャワー済ませていたので、部屋のシャワーには
1週間ぶりくらいに入ったのだけれどよく見るとすごい汚いんだよ・・・
さすがの私でも思わず掃除したくなるくらいの。
明日、出がけに置き手紙をしておこうかなと。

1限はフランス語の先生の誕生日で
先生がクレープを作って持参して食べながら授業。
なんだか小学校みたい。でも、今日が特別なんだよー
「朝ごはん抜いてきてね。」、って言われたから
朝はがっつり食べる私が気合入れて抜いてきたんだけど
みんな思っていた以上に食べないの・・・・なんで?
まあ、私はお腹すいて仕方なかったからいっぱい食べましたが。

異常心理学の授業は、最後の10分で見たビデオが
David Suzukiという脳の研究をしている学者さんが登場するビデオで、でも正直申し上げて怪しいおじいさいんが強引なCGの中に無理して登場してるシーンがたくさんあって、生徒はみんな笑ってた。
名字からして明らかに日本人だよね・・・日本を代表するならもうちょっと賢そうに登場してください、鈴木さん。

新しいランニングシューズ!!そして、授業後にジムの前でなんやら出店がやっていてそこでブランドの靴が半額で買えるとの情報を入手し早速見てみてることに。今、普通にアディダスの運動用じゃない靴をジムに履いてるのでなにか変わりになるものを探していたからちょうどよかった。
定価は80ドルから110ドルくらいなものが半額だから品がいいのか、それとも単にデザインが古いのか分からないけど。きっと前者であることを信じたい。外反母趾の私にも優しい靴(普段よりワンサイズ大きいけど)ですぐに汚れてしまいそうなくらい真っ白なうえに今持ってるスニーカーも白地に赤線(いつかの日記に書いたよね)であるのですごく似てるのですが履いた感じがすごく好きなので満足です。
よしゃ、これで運動せねば・・・

オムレツ!!そして、相棒ノリーが私にお昼にオムレツを作ってくれた
中身はトマトソースベースの野菜煮込みとクリームチーズそして、付け合せのご飯はガーリック炒め・・・・
もてなされるって幸せだよね。
私も大学3年で一人暮らしをはじめたばかりのときは最初の3ヶ月くらいまでは自炊を本気で頑張ってた。肉じゃがって簡単であることを発見したり、野菜いっぱい買い込んで煮込んでストックしたりとか。
それなりに工夫してた・・・
でも、しばらくしたら偏食っ娘になりだして・・・(以下略)

午後は雨が降って寒かったのでお気に入りのテラスでは勉強できず
近くの建物の自習室にもぐりこんだ。
適度に休憩を入れつつ勉強をしつつ
夕方になって、友達からおじいちゃんの他界という悲しい知らせを受ける。
共働きの両親に育てられた私は、おじいちゃんが大好きで
本気で大好きで、老後旦那さんにはこんな男性になって欲しいとまで思っていた。
2年前になくなったときに1週間くらい毎日泣いてたななんてことを思い出したら、他人事ではなくなってしまった。
もしも、そのおじいちゃんが2年前でなく今亡くなっていたら私は間違えなく強行で帰国していただろうと思う。それくらい大きな事。
でも、こうゆうときに、人間の無力さを感じる。励ますこと、話を聞いてあげること以外に、何がしてあげられるのか、正直分からない。

別にそのせいではないんだけど、集中力も限界に来てたので部屋に戻って。

その後、招待されたWhartonMBA学生のパーティーに。
ルーミーに何処に行くの?って聞かれて
「Whartonのバーに行く」って答えたら
「バーなんてあるわけ?!?何様!?」って怒ってた。
そうそう、ペンシルベニア大学Wharton校って他と比べてかなりの特別扱い。
そりゃ他の学部の人はおもしろくないよね。

ボストンキャリアフォーラムに向けてゆっくりだけど動き出した私は
Whartonに憧れの企業から派遣されて来ている日本人の方々との話を聞く機会に恵まれて、すっごい嬉しい・・・んだけど。
気がついたら流れ的に自分の暴露話になってたりして
(しかも、酔っぱらっているわけでもないのに、
自分の意志で話してるからなんとも言えないんだけど。)
まともなOB訪問ができるのかどうか、先行きが不安になったさ。

11時近くに帰ったら、うちの階の廊下で住人達がTVを見ていて
女一人のコメディアンが出てた。友近みたいな感じかな?
でも、笑えないんですよ。おもしろくないの・・・・
日本のお笑いがレベルが高いのか?いや、単に文化差なのかね。

そして、12時近くになってクッキーを注文したとG
A(うちのフロアに統括責任者)に呼ばれる

深夜にジャンクフード

一番やってはいけない組み合わせに自己嫌悪になりながらも
焼きたてのアメリカのホームメイドチョコチップクッキーと牛乳の組み合わせは最高だなって思いながら食べてた。
フリーフードに弱いんだよねってルーミーと話しながらね。

久々に、一日あったできごとを細かく書く感じの日記になりました。

今日は些細な出来事がいっぱいあって、でもどれも削れない
そんな一日だったのでした。
もう一日疲弊してしまい、文章編集能力がかなり落ちているので
最後まで飽きずに読めたあなたはすごいと思う。
朝いちのフランス語の授業の終わりに
後ろに座っている、長い金髪の女の子に声をかけられた。
いかにも、アメリカンって感じの
ビバリーヒルズ青春白書に出てきそうな、華やかな子。
きっと勉強しつつも、パーティーなどの遊びしっかりこなしてるんだろうな・・・・みたいな。
留学生だと、そこまでアメリカンな子と接する機会は授業かルーミーであった場合くらいしか考えられないから、ちょっとびっくり。
クラスが同じでも、まだはじまったばかりなのでやっとお互いの名前を覚えだして、クラスメイトの一部とちょっとした会話をするようになったくらいの頃だったので。
声をかけられるなんて思ってもみなくてね。

「あなたの服装のコーディネイト、すごく好き。いつも思ってたんだ。」

自分の良いと思ったことを、すぐに口に出して褒める。
これはすごくアメリカ的だと思う。
こんなことを言われて、嫌な気持ちになる人はいない。
私もマネしたいなと思いました。

照れつつも「ありがとう」を連呼してしまいまった(笑)
ちゃんと、アメリカ生活に慣れても、身だしなみに気をつけよ。

ちょっとした幸せを感じた瞬間でした。

え?何?相変わらず単純だって?
まずは授業の報告。
ゼミは無事に?終わりました。
今日は、ある記事について自分が担当してたんだけど
しゃべってるうちに何を言ってるのか自分でも分からなくなって
結局うまくまとめられず、解釈も微妙に違ったのかもしれないが
最終的には先生がもう一度記事の概要についてみんなに説明してた(笑)
前途多難・・・・
でも、前回より発言したし(強いられた発言しかしなかったけど)
やっぱり、周りの様子をみて意見を突っ込むのではなく
一番最初にうわー!!!と勢いで言ってしまってあとは平然としているのが賢いんだろうけど・・・・とんちんかんな事を言うのではないかという羞恥心からどうしても最初はだまって、そのまま最後まで何も言えないんだよね。
頭の回転がタダでさえ早くないのに、英語になると回転はさらに減速するから
すごい、もどかしい!!!!
しかし、ゼミでみんなの意見を聞くのは本当におもしろいと思う。
出生率低下の話題に関連して、不妊術なんかに関する論文も読むんだけど
英語だからあまり実感わかないけど、凄いこと話している事もある。
例えば、フランス革命時代に一番流行していた不妊方法はWithdrawalだったとか。結構、下ネタなんじゃないか?ってことを平然と学問的に議論してしまうあたりアメリカ文化を感じます。

ペンが分かる人にはわかると思うけどペンシルベニア大学のキャンパスは縦に32-40までの番号がつけられていて
横は英語の道の名前がある。
例えば私の寮の番地は3901LocustWalkだから、LocustWalkの道の39番通りと40番通りの間にあるってこと。

さて、私の住まいの隣の通りであるWalnutStreetは私が日常でお買い物をする場所がいっぱいある。
今日は37(36?)番通りあたりにあるPennBookStoreから下って
CVS(ドラッグストア),Fresh grocer(スーパー)そして左折してLocustWalk方面にいきPNCBank,そして郵便局と用事を済ませてきました。
やっぱり日常生活のお買い物は楽しいな♪
母の誕生日プレゼントとカードとか、
Buy1Get1Freeで買ったメイビリンのラッシュディスカバリーとか
前から気になってたペパッリッジファームのベーグルとか
農薬で皮がぴかぴかしてる林檎だとか
お家に着くまでには、袋を両手いっぱいに持ってるんだけど
こうゆう時間が凄い好き。どーりでお金たまらないわけよね・・・
無駄遣いしないように抑えてもやっぱりしてしまうんだけど。

ただし、こちらの学生の意見では、ペン大付近の物価は超高いらしい。
ペンの学生はお金持ちだって知ってるから物価が多少高くても払えるだろうと思うんだって。確かに・・・ワシントンDCのスタバとペン大キャンパス内にあるスタバで、同じクッキーが50セントくらい違った気がする!!!!
これもアイビーリーグ文化なのかしら?
すごくはかどって、エッセーが書けた。
気分爽快!
・・・と思ったらそれは夢だった(汗)

こんなにも、覚めたくなかった夢は久しぶり。

というわけで、深夜勉強には向いていないのかもしれない。
いや、それとも単に危機感がないだけなのかもしれない。

その危機感のなさを、今日激しくつつかれた。

ゼミの先生から、先週のエッセーの評価を返してもらったときに
「エッセーを提出する前に見てもらうように勧めます。」
と冒頭にいきなりかかれていたので
相当ひどかったのか・・・と思いきや
文法表現はBで内容評価はAだったので、結構調子に乗っていた。

3時にLearning Resource Centerに行きアドバイザーの人に
事情を説明してエッセーを見てもらった。
そりゃ、適当に書き上げたからのなのかもしれないが
小学校6年生レベルのライティングであると酷評。
授業のドロップが可能なら、この授業は諦めたほうが良いかもとまで。
実はまだドロップも可能だけど、念願かなって取ったゼミだから絶対に続けたい。確かに挑戦ではあるけど、そこまで無理してるつもりはなかったから。
日本人的に低姿勢で控えめな感じで出てたからなのか。
自分のどうにかなるかもって楽観的な態度が丸出しだったからなのか。

ハンマーで殴られたような鈍い音がした。

このまま提出することは絶対に不可能だって。
来週からはもっと早く書き上げて、見てもらわないとダメだって。
Writing Houseのサービスと二重で利用しなさいって。

英語で言われると余計にきつく感じた。

あまりに酷評されて、情けなくなって、悔し涙が出た。

勉強しなきゃ、リーディングしなきゃ
しなきゃ、しなきゃ。ああ大変・・・・って
本当にしてたの?

してないよね。
口だけだよね。
しかも、それをちゃんと知ってたよね?

自分で自分を責めた。

ただし、人間とは恐いもので落ち込んでもすぐに立ち直ることができる。
智ちゃんからもらった中村屋のあんみつを食べて
トマに若干愚痴を聞いてもらって、かなり元気が出てる。

今日の気持ちは明日が過ぎて、あさってが過ぎて
一週間が過ぎて、一ヶ月が過ぎた頃にはすっかり薄くなってしまう
それが人間の性だけどさ。

ちゃんと、強く打たれた分だけ成長するんだよ。
9時半起床・・・
勉強せねば・・・
うううう・・・・・

とりあえず部屋で勉強することに。
17時くらいまで寝巻き代わりの黒ワンピース(でも、普通に外出するときに着ていくときもあるんだが)姿でウロウロ。
移動したのは朝、昼の簡単に調理するためにキッチンに行くときと
トイレくらい。

すさんでる・・・・

しかも、はかどってない!!!!
現在時刻月曜の1時をまわりましたが今日中に終えたかったエッセーは今から書き始めます。しかも、何を書いていいか分からない。
だって文章が歴史的背景なしでは分かりにくいと警告されていたけど、本気で分からないんだもん・・・・一応世界史やってたんだけどな・・・悲しくなってくる。

勉強場所部屋で引きこもって勉強するのは効率が悪い。
でも、何かといろんなものがあって便利なので、誘惑もあって良く負けてるけど(だめじゃん)なんだかんだで、部屋で夜更かしして勉強していることが多い気がする。
しかし、平日の日中はいろんなところを転々として勉強するのも好き。
最近のお気に入りはWhartonのビル前にあるAuBonPanのテラス。
図書館で勉強するのは集中できる点では好きなんだけど
冷房が効き過ぎている点はあまりスキじゃない。
今はまだ日中の陽気は気持ちがいいのと、集中力が途切れたときにLocustWalkをせかせか歩く人々をぼーっと眺めるのがおもしろいから。屋外勉強が自分にあっていると思う。
そうそう、私、人間観察好きなんです(笑)
特にペンでは、いろんな人種の人がいるから、
人種のるつぼを目の当たりにしているみたいで面白い。
いろんな言語が聞こえてきたりもするし。時々日本語も聞こえたりしてくると聞き耳立ててしまう。自分が逆の事をやられていたらちょっとまずい・・・って思うこともあるから、気をつけなきゃ(汗)
ただし、AuBonPanの製造日が当日ではない2枚セットの若干値引きされたクッキーが私の誘惑の対象なのでそれに勝たなければなりません。今のところ1回しか負けてない(笑)

実家からの荷物誘惑といえば、先週の火曜日あたりに実家から荷物が送られてきた。
1000円相当のお菓子に1700円くらいの送料がかけられていて
こっちで買ったほうが安いのでは?って思うけど。
やっぱり嬉しいものは嬉しい。
お母さんの娘への愛情が伝わってくる小荷物でした。
ちなみに、お菓子の半分以上は食べちゃった(笑)
ぜんざいは冬に向けてとってあります。

さて、現実に戻ってエッセー書くか・・・・
ワシントンDCに行ってきました。日帰りで・・・・
朝の7時に相棒のり子のモーニングコールがなかったら
間違いなく寝飛ばしていただろう思われる。
前日帰宅して、メールをチェックしようとベッドの上でパソコンを起動
そして、そのまま記憶が飛んで起きたらモーニングコールの電話が
かかってきたという感じだから(汗)
留学生オリエンテーションのパーティーであったスペイン出身の長身美人の女の子と二人で行動。
久々にゆっくり話せて良い時間が過ごせたと思う。
彼女は1年生だからまだ18歳なんだけど・・・全然みえない(笑)

ピンクのピースマーク?ワシントンは小学生のときに何回か行ったことがあるけど、有名な銅像とかモニュメントの前で写真撮ったなーって程度の記憶しかない。あと。当時はホワイトハウスの中は問題なく入れたけど、今日は入れるどころか近寄ることすら不可能でした。
なぜなら、反イラク戦争の人々のデモがすごくて・・・
週末にこのデモのためにDCに集うProtestだらけ
うちらの留学生ツアーの他にもペンからDCに出発しているバスがあって、
何かと思えばペン周辺のProtestの人たちのためのデモツアーだった。

どうやら女性だけのプロテストのようです2枚のピンクがかわいいデモの写真は女性ばかりの集団。
女って結束すると恐い・・・って思ったけど・・・
でも、力強く平和を主張する彼女達の姿が
やけに印象的でもあった。
日本ほどではないにしろジェンダー問題はアメリカでも皆無なわけではないと思うから。

ピノキオブッシュ「ブッシュはうそつき、戦争で人を殺した」という
英語の看板を持った人だらけだったけど。
中には、うそつきな大統領の鼻がピノキオみたいに
伸びてしまっている巨大風船人形まであった
アメリカ人的なユーモアのセンスを感じるけど、
これが日本で小泉大統領に対して同じことが行なわれたら
国民やメディアの反応って全然違うんだろうね。

ホワイトハウス正面小さい頃は、観光ツアーの一環としてらくらく中に入れたホワイトハウスも、今では近寄ることすらできない。必死に人ごみを掻き分けてズームを駆使してやっとの思いで撮れた写真がこれ。
ホワイトハウスに近づくのも、そこから遠ざかるのもデモパレードに巻き込まれ、巻き込まれですごく大変だった・・・・・
どこからこんな多くの人が、この小さいエリアに集まってきたのか不思議に思うくらいの人、人、人・・・・・・
観光のつもりが思わぬ現場に遭遇して、かなり貴重な体験をした。
ただ、私はイラクが先に仕掛けてきたことだし
ブッシュの戦争に関する対処も、そりゃ完璧であったとは言えないけど
彼の行動がここまで非難される理由はどうしても理解できない。
平和を懸命に主張する彼らの姿をみて、感心すると共に悲しくもあり複雑な気持ちになったかな。
9・11の傷跡は、アメリカにとって予想以上に大きかったんだと
しっかりと肌で感じて、耳で聞いて、目で確かめた感じがしました。


午前は歩いて、デモに巻き込まれて疲労が・・・お昼は屋台で軽くぼったくりなサンドイッチを適当につまんで午後は美術館へ
National Gallery Of Artは、あまりにも広かったのでアメリカとヨーロッパ19世紀あたりのエリアだけ絞ってみようということに。
絵画というと、フランスびいきなせいもあるのかヨーロッパ絵画好きな私だけど、ここでのアメリカ絵画はすごくよくて、印象に残った。
花や果物のStill Life(写生画)が絵の具使いが凄く綺麗で
ハッとしてしまうほど臨場感が伝わってくるような。

写真いっぱい撮影した・・・あとは、National Museum Of Natural History
NYにいったときも思ったけど、博物館って面白い!!
そして、私は鉱石が好きであるということ。
加工されたまばゆいダイアモンドもすごいと思うけど。
鉱石そのものは自然のありのままの形でも美しいでしょ?外見は単なる石なのに、中身に美しさが詰まってるっていうのが。人間も外見だけでは、判断できない内面の魅力を各々が持っているのと少し似ているけど。
その自然の美っていうやつに、私は魅力を感じます。

くねくね!こんな感じの、自然現象でくねくねしたクリスタルとかもある。
DCの写真の中でデモの写真よりも自然史博物館の鉱石の写真のほうが多いあたりすごく自分の興味が表れてるなって思った。本当に博物館は童心に返れるし”Please Touch!”とか注意書きがあるあたりも嬉しくなったりする。

日帰りは短くて行けなかったところもいっぱいあったけど
なかなか充実したDCの旅でした。

<編集後記>
なんだかんだで、書くの超時間かかったわ・・・・
これだからブログって書くのに気合がいるんだよね。
タイトルを見て、タンポポの「乙女パスタに感動」のサビであることが分かったあなたは、昔はモー娘。ファンだったとみた。
って分かった人いる??

今日は、授業が1つ休講だったのでフランス語のみ。
コケタと思っていたフランス語のテストは採点が甘くて
思っていたよりも悪くなかった・・・でも、多分平均以下かな。
Je m'appelle
何をまよったか
J'm appelleって書いてたからね。
英語のI'mと混乱したらしい。
というか、答案返されるまで書けたと思ってたし。

10時に授業が終わったから、リーディングを軽くこなし
相棒(同じ一橋の交換留学生(女)と一緒にジムへ。
部屋で勉強すると、恐ろしいくらいにお菓子を食べる習性が共にあるらしく
お互いにジムに強制連行して、体重をせめて維持しようと同盟を結んだ。

でもって、帰りにお母さんから送ってもらった文明堂のカステラをわけっこ。
日本のお菓子って、味が繊細。上品って言うのかな。
スタバのM&Mがたっぷり乗ったクッキーはアメリカンで悪くないけど
やっぱり味にも国民性が出るのかなって思った。
まあ、繊細じゃない日本人もいるけどね・・・・(私とか)

金曜日は必ずどこかでパーティーがあります。
私は今日はこれから、ウォートン院生の歓迎会に行きます。
ブリンモアから来ている、知り合いの女の子とも会えるっぽいから結構楽しみ。
昨日JSA(JapanStudentsAssociation)のミーテでも思ったけど
もちろん現地の友達を作る事は大事だけど
日本っていう共通項を持っている人と知り合うことはすごく大事なことだと思う。
それは日本の血が流れているってことではなく
日本での経験がある留学生とか、日本で留学したいと思っているペン大生とかね。

さてさて、金曜日の夜から週末2日間
お勉強を怠ることなく、遊びも楽しみたいと思います。
恐らく後者に重点が置かれる事は、間違いないが・・・・
今日は学校の講堂で無料で公開されてる映画をみました。
Corpse Brideって
ジョニーディップが声優をやっている
Nightmare before Chiristmasと雰囲気が似てる感じの映画
今リンクを貼りがてらみていたらCharlie and the Chocolate Factoryと同じ監督なのかな?ちょっと良く分からないけど。

私の中学、高校はメモリアルホールという名のNHKホールよりでかいんじゃないかと思われる巨大なホールがあって、統計的数字が大好きな校長の話(進学率がどうとか、父母の出席率がどうとか、理数科と普通科の学習時間がどうとか)を聞きにいったりもしてたけど、すでに上映された映画や、オーケストラなどを見ることもできたのね。
それをちょっと思い出しました。

ただし、すごいのはこの映画、まだ現在上映中であること。
正式な公開日は金曜日なんだけど、近くの映画館ではすでに上映してるらしい。
それを無料でペン大生に公開してしまうあたりがすごいと思う。
どうゆうルートで入手するのだろうか???

映画のポスター話の内容は、すごい!!って感じでもないけど(笑)
それはあくまで個人的な感想で、面白かったし。
とにかく映像が感動的。
そして、時々話の展開がミュージカル調になっているため音楽も充実してた
Nightmare~みたいな、あの独特の雰囲気がうまくでてて
本当は明日のフランス語のテストがあるから、行くかどうか迷っていたんだけど、本当にきてよかったなって思いました。
これは、きっと日本でも公開されると思うから機会があったらみてみてね。

そして、予告でHarry Potter4が登場したときの
周りの歓声のすごいこと、すごいこと。
本当にブームなんだなって思った。
もはや、みんなすごい大人びていてそれにもびっくりだったけど。
実は私は3をまだみていないから3をまずみようと思う。
こちらでは11月に公開だから絶対に見なきゃ!って思ったのでした。

しかし、とにかくアメリカ人はどこでも反応が大きいわ・・・
昨日すっごい勢いで集中して、本日のゼミに向けてのエッセーを仕上げた。
安心して、寝て、本日メールをチェックしたら
教授からそのままメールが返信されていた!!!

彼は、フォーマットに関して細かく3枚に渡る注意プリントを配っていて
書式を守らないものはそのまま返信される
とあったので、頭の中真っ白・・・
採点されたエッセーは題名にA,B,Cと一目で分かる評価がついてくるので、予想していたものと違ったものが返ってきて素で焦る。
しかし、注意深く読んだつもりだったので自分の書式のどこが間違っているのか分からないんだよね。

先生にあわてて謝罪のメールをいれて、どこが悪いのか分からないから、とりあえず段落の最初のスペースを余分にあけました・・・って呆れられるのを承知でメールをした。

そしたら、先生は「指摘された書式に問題はないから今朝のメールは無視します。」って。ええええ!?
じゃあどこがいけないの??

悩んだ末に、プリントをよく読むと
「評価は後日つけられて、送信されたメールは受信を確認したものとしていったんはそのまま返信されます。」って書いてあった

なるほど・・・単なる勘違いか。

ゼミの後に先生に話したら、「なんでそんなに気にしてるのか不思議でしょうがかなかった」といわれた。

ちなみに、今日はゼミでほとんど発言できなかったけど
実はそこまで高度なレベルの事は話していないときもあるし
ジェンダー問題は、社会学部の入門ゼミで扱ったことがあるから馴染みがあるし
日本のジェンダー論だったら、ちょっとくらい適当でもばれないし(笑)
なんて、ちょっと励みになった。
まあ考えるだけだったらいくらでも強気になれるんだけどね。

来週はひよらずもうちょっと会話に参加できたらいいなって思う。
少しずつ慣れていけたらいいな。
最近ブログに面白みが欠けていること、分かってます。

これはリアルタイムブログ。
週末はいろんなことがあって
写真もいっぱいとって
本気で時間をかけてブログ書きたいけど・・・・・

無理・・・

ゼミの記事に対するエッセーが全く手付かず。
5種類の記事の中からよりによって一番枚数の多い2つを
先生はコメントするようにと指定してきたので。
頑張れ、あと25枚!!!

ここは日本の大学じゃない。
当日起きて、さくっとレポート仕上げて
ってなわけにも行かない。

でも、これは自分が選んだ選択肢であって
自分であえてやりがいを感じるためにゼミを選んだわけだし
後悔はしてないのね。いや、あんまりしてないよ。本当よ。
(強いて言うなら後悔はこっちのTAXの7%程度してるかな(笑)

でも、I am DESPERATE

って表現が非常に今の自分に良く当てはまる。

How do you like UPENN so far?
っていろんな留学生に聞かれるけど
課題について大変であると述べているのって私くらいなのかな?
そう答えてる私をみて、「ふーん。」って感じの学生達は
内心同情しちゃったりしてるのかな??
みんな、どうやって課題を乗り越えるのかな?
まあ、自分は自分で他人は他人だから周囲からの刺激は受けつつもあまり周りに左右されないように努力はしていきたいと思っていますが。

ただ、どんな状況でもポジティブにとらえてしまう自分は
こうやって追い込まれている自分も結構良いかもって思ったり。
これがある一定の時間を過ぎると本気で泣きそうになるんだけど(笑)

深夜過ぎたら、こっちで栄養ドリンク扱いされているRED BULLを買いに出かけようっと。(ちなみに薄いオロナミンCみたいで、私は日本の栄養ドリンクのが絶対効果があると思います。)
土曜日です。午前中は、就職活動をかじりながら
日本の友達と連絡を取ったり
ゼミの読み物をプリントアウトして満足したり
あと、洗濯したシーツを3日後であるのにやっとつけたり(笑)

そして、午後はフットボール観戦
日本で言うアメフト。でも、ここはアメリカなので
アメリカンフットボールとは言わないらしい。多分。

フィールドアメフトやってる知り合いが女ラクにいたおかげで
何人かできたのにも関わらず
ルールは全く分からなかった・・・・
とりあえず、4クォーターなくせに必要以上に
時計を止めるので試合が長引くことが分かった(笑)
3時間以上いたような気がする・・・・・
チア応援
でもってチアリーダーはアメリカ!って感じ。
こうゆうのをアメリカンチアリーダーっていうのね・・・
得点するたびに、その得点の回数チアの子が
腕立てをするんだけど41-7とかでかなりの圧勝だったので
毎回毎回ご苦労様って感じだった。

かわいいヘルメットトラックマスコットの海賊が愛嬌があってかわいかった。
そして、このなぞのヘルメットトラックはたまにフィールドの周りを走りまわってました。
なんか、スーパーマリオでこうゆう敵がいたよね。
分かる??

トーストの清掃・・・そして、こちらの伝統なのか第3クォーターが終わると、トースト(焼いた食パン)をフィールド内に投げるという儀式があるらしい。
無料でトースト配ってて、みんなすごい勢いで投げてた。
でも、その直後にきっかり掃除してました。

というわけで写真いっぱいで中身が薄い日記でしたが
楽しんでいただけたかな???
アメリカに来て初めて知った言葉があります。

FraternitySorority
大学の新歓で、いろんなFraternityとSororityの勧誘のビラをみる。
つまり大学の組織なのね。

Fraternityってのは
辞書で引くと、男子学生の社交クラブ
Sororityってのは
その逆で、女子学生の社交クラブ

それぞれHouseって大きい家を持っていてそのグループの7人くらいでシェアして暮らしている。週末はここでパーティーを開いたりすることもしばしば。CollegeHouseに住んでいる一般の学生よりも、お金がある社交貴族なイメージが勝手にあります。

今日は、アジアンSororityといってアジアに興味がある女の子達(つまりメインはアジアン)のHouseに言って、スムージーとおやつをいただきながらたべってきました。
女の子ばっかりの環境は、6年間女子校かつ女ラクに所属していた私にとってはなんてことない。
あー、女の子ってこうだよなーって感じ。
美味しい物に囲まれながら、いつまでたっても喋ってられるし
かといって途中で電話がかかってきたら、会話の途中でも平気で出るし

Sororityについていろいろ知らなかったから、今日聞いてみた。
まず、部活とかサークルと違う点は、誰でも入ることができるわけではないこと。
イベントラッシュがあって、パーティーやBBQやお茶会を通して
メンバーと、新入生の交流をはかって
それで、興味を持ってくれたら面接をして、メンバーがこの子はうちのSororitynに相応しいと判断すれば晴れて合格。
InvitationをもらってPledge(誓いの言葉)を書くって言ってたな。

ボランティア活動など真面目なこともしつつ
パーティーしたり、仲良しのFraternityの男子グループ(Brother,Sisterって呼ぶのね)でドレスアップして食事したり。(合コン!?)
同じ日本から来た留学生の子が
このSororityとFraternityの概念は、まさに日本のテニサーみたいだよね!って言ってたけど、まさしくその通り!って思ってしまった。
つまりは、テニスみたいに本業の真面目なこともするけど
チャラくてキャピキャピした要素も満載ってことね。
しかも同じ家に住んでいたり、全寮制だから放課後のイベントの中身も濃いだろうし

でも、女の子達はみんな良い子たちばっかりで
こうゆう子達が友達だったら楽しいだろうなって思う。

アメリカ文化って面白いなってしみじみ思います。
朝、今日も曇り。
ひどい頭痛と生理痛で目覚めて、あわててバファリンを飲んだ。

フランス語の宿題をギリギリなところでやりながらパソコンを起動
お決まりの通り、ヤフーのメールに飛んで・・・・

すると、私の後輩の留学が決まったとの報告が!!
この子は私と最も接点が多い後輩であって
こんな私をものすごく慕ってくれるので
(むしろ私が慕ってるときもあるが・・・・・)
自分のことのように嬉しくて、テンションが一気にあがった

同じ高校であり、私の数学のできなさをネタにされ(汗)
毒舌である数学の先生から励ましを受けたらしいし

同じ大学に入ってからは、部活決めの相談に乗って
最終的には女ラクを選んでくれた。

もちろん私をはるかに越える良質な人材なので(笑)
大学でミスコンとったり、主将になったり、残してる実績を比べたら
月とスッポンとか言わるでしょうが・・・まぁそこは目をつぶってね。

そして、3年になったときにゼミ選考の相談にのって
その結果同じゼミに入ってくれて
この前の夏合宿のゼミで、私とこの子は人間のタイプが細かく分かれているとしたら絶対に同じ部類に入るなって確信した。
帰りの車の車窓から新幹線を見た瞬間の反応が全く同じだったときにね(笑)

留学の相談に乗ったときも、GPAの制度が厳しくて相当悩んでいたから
そうゆう数字的なものってどうしようもないから
正直凄く心配だったんだけど、やっぱり見事に留学を決めてくれた。

最近、課題に追われっぱなしでテンション低めだったけど
自分が留学決まった一年前に、すごく嬉しかった気持ちを思い出して
また頑張ろうーって思えたのでした。

次は同じ企業に就職するかね?(笑)

追伸:何人もの人から聞いていていつ書こうか迷っていたんだけど、Vリーグ3位、おめでとう!!試合見にいけなかったことが本当に悔しいです。最終の茨城戦も頑張ってね!!
今日は寝坊しちゃった
授業は間に合ったけど、目覚ましでおきれなかった。
なんでだろうと思ったら、いつもは眩しすぎるくらいの朝日が差し込んで目が覚めるのに、今日は曇り空だったから日の光を浴びることができなかったからだと思う。

昨日から女の子で、よって分かる人には分かると思うけど
全体的に身体がだるい。
眠いし、甘いもの欲しくなるし、ぼーっとしてしまう。
そんな日にこんな天気でテンションも下がり気味。

新歓イベントのダンスInfoセッションや模擬国連やアジアンガールズのグループ(いわゆるソロリティってやつ)のボーリング大会など昨日だったら、フレッシュマンに紛れて行こうかどうか迷っていたものも、今日になったら全て行く気がうせてしまいほど。
授業が始まってから、知り合いに会わなくなってただでさえペンでは狭い交流範囲がますます狭くなっちゃったから、こうゆうイベントで知り合いを作るのは大事なんだけど。

課題ものびのびで夜の10時近くなったいまになってようやくやる気になったって感じですし・・・
今日洗濯したシーツが果たして乾くかどうか謎だし・・・

まぁ、明日は天気も心も晴れますように☆
FallSemesterの火曜日は一番時間割がきつい一日。
毎日の日課である9:00から1時間フランス語。
そして、10:30から私の本職でもある異常心理学の講義が1時間半。
それでもってお昼休憩を挟んで、13:30から3時間ぶっ通しで「Constraint on Family size(家族人数の制限?)」のゼミ。
講義ばっかりが嫌で、ゼミがどうしても取りたくて取った。

わりとテーマが社会学っぽかったのと、心理学部のゼミだけど統計や調査など専門的なことを扱わないからやりやすそうだったこと
そして、もちろん日本の少子化も扱っていたからというのも大きな理由。
専門知識を要求されないから1,2年生が多いのかと思いきや
蓋を開けてみたら、半分以上がウォートンビジネススクールの4年生とかで(ペン大でウォートンと言えば世界クラスでエリートですよ。)少し戸惑いましたが。
どうやら彼らはこのゼミは気分転換に入れてるっぽい
ウォートン生ってグループワークが多くて、授業外の時間的拘束が多いから、事前にちょこっと記事読んでディスカッションして、簡単にレポート書くこの授業は気楽なのかなって(あくまで推測)
あとは、心理学をマイナーとして履修している人も多かったし
ビジネスと心理学は実は関連あるからね。

先生がめちゃくちゃ良い人で!!!
自己紹介を一人ひとりしたときも、私の前になったときにあえて
日本の少子化問題が世界で最も深刻であることを述べてくれた。
そうゆう序章をつけたら私が自己紹介がやりやすいからって
その気配りに感動してしまいました。
あまりに緊張して自分の名前を言っていない気がするんだけど(笑)

初回の今日は、5種類の新聞記事などから意見を言い合う
1つは日本に重点が置かれていて
「パラサイトシングル」や「負け犬の遠吠え」についても扱っていた。
私もキャリアウーマンに憧れて、結婚願望がない現代日本人女性の典型だから、こうゆうことが記事に書かれて議論されるとついつい擁護しちゃうんだよね。
ベストセラーでありながらも、「負け犬~」は訳本がアメリカにないので(ってかあったらびっくりだよ)私はみんなが知らない知識などをかなり提供することができそれだけでかなり達成感。
その記事についていろいろと述べたら満足してしまい
後半はかなり睡魔に教われたけど・・・(爆)

ただ、今日は初回だから内容は軽め。

So far so good,って感じですが。
来週からはもっと本気で読まないとね・・・。
あと、日本代表として日本の少子化問題についてもっと調べておかないと・・・恥をかくなって思いました。
最近ブログもおとなしくなってきちゃったから、写真を紹介しようかと。

SEASLibrary
私が好きな図書館。
ここは一番大きな図書館ではないんだけど
すごく静かでレトロな感じがして好き。
ただし、静か過ぎてあまりに集中できるので2時間くらいいると疲れてしまう(笑)
ペンの相棒いわく映画フィラデルフィアで使われた図書館らしいんだけど、私は映画をみたことないからいまいち分からない・・・

図書館前の風景
あとは図書館前の風景
今は天気も良いので昼間は芝生で本を読む学生がたくさん見られる
ペン大のキャンパスは、知れば知るほど好きになれる。
レトロな感じがちょっとうちの大学に似てると思ったりも。
もしも、私の友達や後輩がみんなココに来て
授業移動のときにばったり会って挨拶ができたりしたら
すごい素敵だろうな・・・なんて思ったりもする。

今日の講義は授業を受けた4日間の中で最も不調でした。
言ってることの半分くらいが分からなくて
先生の板書は読めなくて
一生懸命理解しようと思えば思うほど頭に入らなくて
たった50分の講義がものすごく長く感じられた
パブロフの犬の実験について、
3つの何らかの要素についての説明だったんだけど・・・・・
MP3プレーヤーがないのは凄く心細いけど
実際にあったら聞くのか?って言われたらなぞだし
ビデオ撮影の許可を得ることも考えたけど
果たして後日みるのか???
今週様子を見て、やばかったら相談をするかな。

今日、ペンインターナショナルパートナー(PIP)の子に会ったんだけど、その子いわく心理の先生は成績の点数のつけかたがものすごく厳しい先生が多いらしい・・・・
まあ、単位互換の際にはAだろうかDだろうが関係ないから落とさなければいいんだけど。

フランクにいろいろと話してくれる彼女は、
今まであった知り合いの中でもかなり好印象。
この子とだったら、気楽に付き合えるなって感じ。
これからも良い関係が続けられるといいなあ。
ちょっとだけ・・・
睡魔に負けて起きたら朝。
あー、やっちゃった・・・・

週末は勉強に追われる予定だったのに
楽しいことがいっぱいあって浮かれ気分だったなと
振り返って反省中。

今週は初のフル授業!!
気を引き締めていきまっしょい

我ながら、昔と比べたらかなり生活に慣れてきました。
そして、今日は授業が始まってはじめての週末。

昨日、ルーミーが出演するというので
ペンシルベニアのArts&Scinenceのパフォーマンスを見に行きました。
しっかりと学内の劇場みたいなとこでやるのね。
続きを読む
授業初日。
なんだか、一年生のときのドキドキわくわくを思い出しました。
気合入れて重くて分厚くて高い教科書3冊も持ち歩いて
文法書など全部持ち歩いたけど、そんな必要はないらしく
結構浮いていた・・・・

衝撃だったのは、朝道を歩いていたら上から鳥の巣が落ちてきて・・・
そこには餌だったのだろうか・・・リスの赤ちゃんの死骸が5匹くらいでてきたの!!!あまりの驚きに言葉を失ったのでした。

9:00からはElementary French
初級のくせにいきなりフランス語で授業が始まって
焦る・・・・
でも、これを毎日平日一時間行なってもらえたら
相当喋れるようになりそうだよね。
こっちにきて思った事は、母国語と英語以外に第3外国語を喋れる人が結構いるということ。
やっぱり高校から語学の授業が充実しているせいかな??

確定しているのは、心理学部に交渉までしにいって獲得したゼミ
CONSTRAINTS ON FAMILY SIZE
ヨーロッパや日本の少子化問題をとりあげるっぽくて
自国の代表として頑張らないと・・・・
っておもいつつも、私は少子化に対してあまり問題意識がないので
(高齢者への保険費用が増えるとかね)
毎回リーディングの課題と、事前のE-mailでの感想は
かなり大変そうだけど週に1回3時間みっちりやるので
頑張りたいと思います。

あとは、火曜と木曜各1時間半ずつの
Abnormal Psychologyの履修は確定してて
これは、ポジティブ心理がからんでいることもあるし
卒論にかなり大事なテーマでもあるし
これを履修することで春に応用が取れる可能性もあるから

そして、迷っているのがAnimal BehaviorLearningの2つ
今日、Learning(学習)に出席したんだけど授業事態はかなり興味深かった
社会心理学に近いのはAnimal Behavior(動物行動)
のほうだし、生物の学部の必修単位でもあるためかなり理科的なことが学べるという意味でも一橋ではできないんだけど
時間割にかなり難点がある・・・
もしも、動物行動をとると、火曜日と木曜日に時間割が集中する。
そして、動物行動の授業教室は生物学部の講義室なのでわずか10分の間に大移動・・・・
さらに、火曜はゼミがあるので9:00から16:30までほとんど休憩なしで授業をすることになり
その代わり月曜、水曜、金曜はフランス語だけになる・・・

だたし、学習はおもしろそうなんだけど
やっぱり文系の域を抜けていなくて
あと、先生が自分でも言っていたけど喋るのが早いんだよね・・・
だから面白そうだけどそこまで感心がもてなかった・・・
ただ、月、水、金の3間各1時間のレクチャーなので
これを入れると時間割のバランスはかなり良くなる・・・

明日、動物行動がどれだけ魅力的であるかを考えて
履修を確定しなきゃと思います。
ブログさぼりまくっててごめんなさい・・・・・
明日から授業開始です。
毎朝9:00からフランス語を勉強することになりました。
ひぃー。大丈夫かな??

異常心理学と少子化家族問題に取り組むゼミは確定して
あと一コマが問題。

PersonalityかLearningかAnimalBehaviour
まあどれもおもしろそうですが。

さてさて、明日早いので今日は眠らせていただきます♪

GoodLuck For Me

あと、個人的に今日すごい痩せる決意をしました。
なんでかは内緒♪
アメリカ人はパーティーがすき。
金曜、土曜は絶対にパーティーをして夜更かしをする。
昨日は、私も無事に(?)日本で言うクラブの雰囲気を味わいましたが
(さりげに、初体験だったんだよね。)
3時近くに部屋に帰宅したのに、
まだ他の二人は夜遊びから帰ってきてなかった。
特に、この二人は黒人だから腰の振り方からして違うんだよね。
リズム感がない私はかなり尊敬してしまう。
あと、尊敬するのは見てて赤面するようなダンスを男女でやるカップル
(一緒に前後で腰ひねらせるやつね。)
日米学生会議経験者の、私のペン大での相棒から言わせて見れば
カップルじゃなくてもああゆうことはするらしい。

まじか・・・・
友達にコールを振りまくって飲ませまくっていた自分が
超アホに思えてきました。

昨日は普段はみんなが勉強する図書館に
DJを呼んで、食べ物も飲み物も提供して
ノリノリの音楽に合わせて踊ると思えば

今日はあのフィラデルフィア美術館、全米第3位の美術館を
夕方から貸しきって、軽食やデザートや飲み物がふるまわれ
美術館見学もできるんだけど
9時を過ぎたら、シティの中心が見れる東側のエントランスの噴水前で、
ミラーボールと大音量の音楽が流れて
みんなノリノリで踊ってるし

さすがは、アイビーリーグのペン大・・・スケールが違います。
ってか、みんなそんなにダンスが好きなのね。

もちろん、アメリカは21歳にならないとお酒は飲めない上に
IDチェックもかなり厳しいので、みんな酔ってないの

全寮制だから、「11時からだれだれの部屋でパーティーがある。」とか
ふっつー

「ごめん、私終電あるから・・・。」とか
「親が早く帰って来いってうるさいから・・・。」とか
そんな概念は全くもって存在しない。

傍観してる分には、すっごい面白い(笑)
でも、踊ろうよ!!って誘われれるのには抵抗がありますね。

半年後には、自分もこの環境に慣れてるのだろうか・・・
いや、無理かも(笑)

万が一、見事に適応したらやっとなれた頃に日本に帰国して
逆カルチャーショックとか受けそうだね。
すっごいたくさんの人が、メールくれたりコメントくれたりして
家族もこの私が既に弱音を吐くなんて思ってもなかったらしく
すっごい心配してくれて
ますます日本が恋しくなった(笑)

というのは半分冗談で。(でも、半分本当。)

私ってば、何のためにあんなに盛大に送り出されたのか
この数日のばたばたで忘れてしまっていた気がする。
それは、絶対にアメリカで辛いことがあると思うけど
日本にいっぱい応援してくれている仲間がいるんだって
だから、落ち込んで不完全燃焼になって留学生活
後悔だらけで帰国しちゃいけないって

ありがとう。心の支えだよっていう言葉をここまで
肌で実感したのは、21年間生きてきて生まれて初めてかも。

私が落ち込んでたのは履修のトラブル。
留学生課は、履修なんでまだやってなくてもNO PROBLEM!心配しないで!
みたいに言ってるくせに
昨日アカデミックアドバイザーとの面接があったから
いろいろプランを考えて相談に乗ってもらうつもりが

「これが面白そうだと思ってるんですけど・・・」
と言うだけで

「はいはい。」
といって、コンピューターでさっさと履修登録を始めてしまうではないの!

だから、いろいろ悩んでるから相談したいんだってば!
でも、相談に乗ってくれる気配はまったくなし。

6月の時点でペンの内部生はネットで事前登録ができるから
私の興味のある授業のほとんどは埋まっていたり
あとは教員の許可が必要とかで認められなかったり。
フランス語のクラスは、今回取ろうと思っていた異常心理学と重なった時間しか空いてなくて、夕方のクラスの初日に直談判しにいかなきゃだし。
なにせ、心理のゼミは人気みたいで
フレッシュマン向けのものはすべて定員いっぱいだし
そもそも教員の許可が必要だからここでは登録できないって言われて
結局心理学系の授業の大講義4つをポンポンと登録されて

唖然・・・・

この人、とりあえず交換留学生に4つ授業を登録させれば
それで自分の仕事が終わりだと思ってるんじゃないの??みたいな。

たしかに15分間の面接で親身に相談に乗ってくれるってのも
ありえない話だとは思ってたけど
まさか、ここまであっさりしてるとは。

甘かった。そうだった、アメリカってこうゆう国だった。
日本の困ったらなんでもしてくれる、ぬるま湯環境につかってて
自分の思うように事が運んでたから
履修で思うように授業が取れないことなんてもちろんなかったし
(抽選で英2落ちたりした経験はあるけどさ)
感覚が麻痺してたことを痛感。
交換留学生で、事前登録ができなかったから
特別の枠で入れてもらえることなんて問答無用。
優遇なんてされない。
つまり、秋の授業は残りものから履修するしかないってことみたい。

自分は今までやや積極的な部類だと思っていたけど、
(7点尺度の5くらい)
アメリカのこの大学に来て
こんな積極性じゃまったく相手にしてもらえないことも痛感。

卒論のテーマに大いに関係するテーマの研究者の筆頭である
ポジティブ心理学会の某S教授の超発展講義に挑戦しようと
思い切って本人にメールをして
自分は、過去にこんなテーマの実験をしてきただとか
こんな心理学者の論文に基づいた研究をしただとか
具体的に著名人の名前を挙げて丁寧にメールをするも

もらった返事は、一言

It's filled. Sorry.

こいつ、絶対全部読んでない・・・・・

うちの、ゼミの先生がいかに生徒想いで
いかに優しかったのかを改めて実感した

心理学部に交渉しにいきなさいと言われるも
オフィスアワーは月から木の指定された1時間半の間のみ
これもびっくりなんだけど
うちのゼミの先生が自分の研究室によくいる先生で
困ったときはすぐに相談にいけたという環境が
すごい恵まれていたんだなということを再確認。

現時点で、私は心理のゼミ形式授業をまったく取れない可能性が高く
もちろん大講義でも質の高い授業はあるんだろうけど
教官や生徒との距離はかなり遠いと思う。
でも、3年半大講義でいかにうまく予習をさぼるかを
知ってしまっているから、正直不満があし
やりがいを感じられないんじゃないかって不安もある
せっかくアメリカのアイビーリーグ大学に留学に心理を学びに来たのに
結局何も得てなこなかったら、来年ゼミにどんな顔して帰国していいのかわからないもん。

日本ってよかったな・・・・ってネガティブな考えばかりもって
昨日は相当落ち込みながら寮の部屋からの夜景をみてたけど

みんなからの励ましと、睡眠でちょっと元気になりました。

まだできることがあるうちは
それをやってみないと何もはじまらないってな。
新しい環境に慣れることって、こんなに大変なことだったっけ?

新歓期を思い出すと、恐怖の受験戦争から抜け出して
一応、名前が有名な国立大学に入って
一年生だからちやほやされて
女ラクに入って、大事な友達いっぱい作って
クラスでも仲良くして、文化祭して、はしゃいで・・・
楽しい思い出ばっかりだったとしみじみ振り返る
この精神状態は、明らかに18歳の初々しい自分とは違う(笑)

頑張って、留学計画書提出して
2年目にして念願の留学を叶えて
さあ!これから頑張るぞ!って渡米前は期待満々だったのに。

まず、自分の履修したい授業プランすらうまくいかないし
ルーミーは良い人だけど、やっぱり未だに馴染めないし
一人になったときに本当に孤独を感じて
どうしたら良いか分からないっていうか・・・・

自分は適応能力はかなりあるほうだと思っていたし
なんだかんだで、うまくやっていけるとは思ってるのに
いまはまだ、井の中の蛙が何も知らずに大海に投げ込まれて
おぼれかけてる状態に結構似てる。
頑張ると空回りするのが恐くて、頑張ろうとしてない。
12年の月日が経過して、帰国子女的要素は、
もうすっかり私の中にはなくなってしまったようだ。

いつになったらスイスイ泳げるようになるんだろう・・・
焦っちゃだめって分かってるんだよ。
これからだって分かってるんだよ。
でも、どうしても早くこの状態から脱したいのだ・・
オリエンテーション予想通りばたばた
履修で迷って潔く決めたけどどうしよう・・・って感じだし。
というかまだ登録してないんだけど・・・

ブログをゆっくりかけなくてごめんなさい・・・
私としたことが・・・って感じで

授業始まってないのにこの調子で
始まったらどうすればいいんだろう??

というかルーミーの黒人寝てる気配ないんだけど?
昨日もリビングでがやがや話した後、お酒飲みにいってたし
あと、男友達リビングのソファで寝かすなら言ってくれよ(笑)
起きた時、思わず叫びそうになっちゃったじゃん。
こう聞くと、かなり恵まれてないように聞こえるけど
昨日は会話の輪の中に入れてもらったし
(うなずいてただけだが)
みんなかなりファンキーでいい子
ただし、部屋で勉強することはおそらく不可能だと思うけど
まあ、24時間図書館使えるからいいよね・・・

詳細な近況報告は落ちついたらします。(><)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。