Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
気合を入れて、授業開始の2ヶ月以上前から事前登録をしていた
Abnormal Psychologyのテスト

The final examination consists of three cases. For each case, you are to complete the attached two page handout, which will ask you to provide diagnoses (EACH CASE HAS A PRIMARY, SECONDARY, AND DIFFERENTIAL DIAGNOSIS), specific information about the PRIMARY diagnosis, and questions about psychotherapeutic treatment and prognosis. The diagnoses should be made using the DSM-IV materials in the packet of readings. The questions about treatment and prognosis can be answered using both the DSM-IV materials and readings (from the packet and books).

Take homeなので、来週の月曜日までに先生にメールで回答を送信。
そして、今現在格闘中なのですが。

お持ち帰り試験の厄介な点は
いくらでも時間をかけられるけれども、試験ゆえに答えの方向性はかなり定まっており
間違えた答えを書いているのかもしれないという懸念を常に抱きながら
与えられた教材をつまみ食いして、模索して、考える

さらに「こんなに時間かけたのに間違っていたらどうしよう。」なんてことをまた考えながら、それでも完璧な答えを追求してしまう。
調べだすときりがないので、そんなことに何時間でも費やせる

でもね、やっぱり私は留学先で勉強していることが好きだなって
試験問題を解いていると面白いくらいに実感できる。

教材を読みあさって知識が増えるほど(これは日ごろのリーディングを怠っていた証拠でもあるのだが)、なんだかワクワクしてくるし
お医者さんの気分で、診断書を書いているこのロールプレイが
なんともいえずワクワクする。

どのような処方をするか。
Cognitive Behavioral Modelを使うのか
Medicationを使うのか
そして、記述されたケースから患者の性格を読み取ったら
彼もしくは彼女は、その後どのような経過をたどるのか
回復のペースはどのような感じなのか

日ごろから、落ち込んでいる人を励まして
その人が笑顔になったら、私はすごく嬉しかった。
だから、こうゆうケーススタディはかなり本気でのめりこむことができる。

試験だったら「ドンマイ。と声をかけて励ます」なんて書いたらもちろん部分点すらもらえないわけで
いかに理論的に、DSM-IV-TR(published by the American Psychiatric Association, is the handbook used most often in diagnosing mental disorders in the United States and internationally.)を引用しながら形にするかが重要となる。
すると、なんか自分の作った診断書が、理論的かつ実用的なものに思えてきて楽しくなってくる。

ひとつの診断を下すのに、6時間以上もかかって
迷って、迷って、考えて、書き直して、でもやっぱり・・・・
といって最終的に決断を下したりする
そりゃ、最初からそれに決めてれば!とも思うけど
そうやって、ひとつの課題に一生懸命になれている自分は嫌いじゃない。

最終ケースの考察と、全ケースの清書をさくっと終わらせちゃいたいと思う反面
もっといろんなケースをみてみたいという好奇心もくすぐられた

・・・・でも、やっぱり深夜3時を回るとちょっと眠いかな(笑
スポンサーサイト
なんなんだろう、この気持ち。
最近とても不思議な感覚に陥る。
アイデンティティロストというわけでもないけど
異次元空間を彷徨って、落ち着く場所が見つけられない感じ。

22年間生きてきた中で、一番贅沢なランチを堪能し
久々に食べたトロの余韻を引きずりながら

強引に自分を勉強させるモードに入れた

でも、ふとした瞬間に窓の外に見える雲ひとつない空を見上げたら
自然とこの一年の留学の思い出がランダムにフラッシュバックして
自分の中での収集がつかなくなった。

この前、母と話してて思ったけど
この留学で私は多少は成長したと自分でも思う
matureとstrongのコンビネーションみたいな。

matureになったと自覚すればするほど、過去の自分が
いかに子供っぽくて、無知で、常識がなくて、どうしようもなかったかも分かり
反省、後悔、羞恥、そんなやり場のない不愉快な思いがこみ上げてきた。

そうすると人々の子供っぽい行動もたまに目に付くようになり
そうゆう他人のちょっと大人げのない行動をみて
まるで昔の自分を見ているようで、嘲笑することも苛立つこともできず
黙認してしまうことが、内心で見下していることのように思え
どうしようもない気持ちになったりする。
そんな自分はかわいくないなって。

strongになったと思うと、自信がついたと実感する
というわけでもなく
それは、強くならないとやってられなかった環境にいたからだなと思う。

日本ではありのままの自分を放出して、言いたいことを言って
ストレスもほとんどためずに毎日を過ごしていた。
アメリカに来て、改めて一人になったときに
それは、私の周りの友達に、恵まれすぎていたということに気づいた。
女ラクにしても、ゼミにしても、クラ友にしても
そして、あらゆるネットワークで知り合う人々にしても
だから、みんなからのエネルギーをもらって
曲がることもなく、にょきにょき成長していたんだと。

そして、この一年間を通して、大人になったと同時に
私は昔は当たり前のようにできていた「素直に人に甘えること」を
失っているかもしれないということに気づいた。

当初は、日本のときと同じように
誰にでも何でも話していたように思える
でも、いつからかそれは良くないと抑制するようになり
喋りすぎてしまったことを後悔するようになり
それでも誰にもいえない秘密を作ることはできず
どうやって発散させるか困っているときもあった
素直に、「話を聞くよ」と差し伸べてくれる友達の手を取ることができず
そんなわがままな自分に嫌気が指すときもあった

自分の自然100%の姿が、万国共通で通用するものだと思ってた
どの国籍にも、どの年代にも
でも、それはもちろん違った
たまたま、私が今まで属してきた組織の人間が
恐ろしいくらいに私をうまく取り込んでくれたからだったんだ。

留学後半になったら、私は人を選んでいた。
居心地のいい人とだけ一緒にいたようにも思える。
それは賢いことなのか、それとも甘えているだけなのかは分からない
ネットワークを広げるチャンスを逃して惜しいことをしたこともあるかもしれないし
ややこしいことを免れて良かったのかもしれない

時間は流れ、周りも自分も変化していく
荒波にもまれたら、人は強くなる
でも、強くなってしまうと芯に弱い部分を見せれなくなってしまう

私が帰ったら、まず何をしようかと考えたときに
社会経験を数ヶ月積んで、ストレスを多かれ少なかれ齧った友達や
就職活動を経験して、成長した後輩の中に
留学を経てよく分からないが一応タフにはなった私が
うまく溶け込めるのかどうかはすごく疑問

実は、根本的にはみんな何も変わってない
結局は、そう思って不安に思っていたことを馬鹿みたいって思うのかもしれないが。

フォンデュ鍋のホワイトとダークのチョコが綺麗に渦を巻いて
その中に、裸のイチゴを入れると
最初のうちはコーティングされたチョコは簡単に落ちるけど
時間の経過で冷めるとともに、表面で固まってしまう
そうすると、ちゃんと齧らないと中身が見えない

この一年間で、私を包むチョコレートの層はどれだけ厚くなったのだろか?
しかし、私から素直さを失ったら何が残るのだろうか?
深夜3時になっても起きている理由は簡単。

昼寝したから。

11時から7時間半もスタジオで自分の作品の
グレーズに没頭。
その間に、知っているクラスメイトが何人も来ては
サクっと作業を終えて帰っていく。

そもそもは高さ40センチのつぼを昨日仕上げたはずが
グレーズが剥がれたので全部洗って
2時間の苦労を2分で水とともにすべて洗い流し

乾燥させたあとに不注意でつぼの蓋を割り
そのショックで立ち直るのに30分くらいかかった

などと、思うようにことが運ばなかったから。

あまりに疲れてたせいか20時ちょっと前から
シャワーを浴びたらそのまま髪の毛も乾かさずにベッドで寝ていて
深夜0時近くなって電話のベルで起こされた。
ちょっと転寝するだけだったのに・・・

でもって、笑えるのが
夢の中でも陶芸の作業をやっていて

現在読んでいるダビンチコードを作品乾燥中にスタジオの高めのいすに腰掛けて読んでいる自分の姿があったり
その間に本に夢中になって乾燥させすぎてやり直したり。

2回焼かないといけないのに、1回焼いて綺麗にペイントした状態で家に持って帰ってきて
今朝みたつぼと全く同じ現象、グレーズがひび割れてはげてくる、という状態になって嘆いていた。

リアルすぎない??

とりあえず、陶芸のやるべきことは終わった・・・はずなので
後は明日の片付けパーティーに参加して
木曜日に先生の批評を受け、あとはレクチャーのペーパーを提出して
(って書いてないよ・・・)

すっごく、陶芸に関しては予想外の苦労をしてるけど。
出来上がった作品を、家族や友達に見せてあげるのはちょっと楽しみだったりします。
リーディングデー初日。
Take Home Examは夕方まで配布されず
特にすることもなかった・・・・
というか、やらなきゃいけなかったことは
Fine Artsの陶芸の課題だった
(でも、これが案外くせもので結局4時間以上かかった)ので
勉強するときと違う脳みそを使っている感じだった。

まわりはわりと忙しくしてたから、私もおとなしく一人で
一人っきりの時間を堪能してたのですが

まぁ、一人だと考え事をする時間が多いわけで

陶芸の作品のペイント塗りながら考え事。
ジムのディープエンドまで平泳ぎしながら水中で考え事。
サウナの中で半分うたた寝状態で考え事。
部屋に戻って、おなじみのフィラデルフィアのセンターシティの夜景を見ながら考え事。

調子に乗って、日本からもってこられたお土産のひとつとして
(本当は私にではなかったのだが、私がもらうことになった。)
まだまだたくさん余っているマルメンくんたちに手を出そうとするも
ライターがなかった(笑)
だから、少し悪ぶって煙をふかしながらの考え事はできませんでした。
世の中うまくできているものです。

何を考えていたかは、教えてあげないよ・・・ちゃん。

だけど、なんかいろんなことが頭をめぐって

ちょっと楽しくなって
ちょっぴり笑っちゃって
でも、ちょっと疲れちゃって
少しだけ切なくなった

久々にきちんと、今の自分と向き合えた気もする。

というわけで、平泳ぎしながら思いついた
カフェオレボールのデザインを明日はちゃんと形にしたいと思います。
<最後の授業>

最後のフランス語の授業は
最後だからって特別に
先生がクレープを頼んで、それを食べながらフランス語で映画を見た
こうゆうところが、アメリカっぽくて好き。

一番最後のペンの授業は、すごく思い出に残るものとなりました。

ただ、なぜかめちゃくちゃ熟睡していたらしく
10時開始の授業で起床が9時54分。
本気であせりました。
最後の最後で寝坊する自分が、少しやるせなかった。

<新たな悲劇>

入学式のときに来ていたコムサのベージュの春用スーツ。
当時はぴかぴかの一年生、18歳

如水の面接のときもこのお気に入りのスーツを着てました
当時は3年生の夏、20歳

そして、今日NYにちょっとした用事でスーツを着なければならず
1年半ぶりにそのスーツを着たんですが
スカートがはいりませんの悲劇が起こった22歳

これが留学のリアリティね・・・(笑)
まあ、根性で履きましたが

そりゃ私の持っているほかの洋服より1サイズ小さいが
そんなこた関係ありません。
過去に入っていたものが、今きつくなったという経験
そしてそれがお気に入りの洋服だと余計に悲しい

残りの3週間ハーゲンダッツを悔いのないように贅沢に食べるか
それとも、お気に入りのスーツをちゃんと着るために励むか
難しいところです

(ってそれでもまだ悩んでるのか?って感じだが。
ハーゲンダッツは捨てがたいです)

<気分爽快>

髪を切りました。
というか、まあいつものように空きました。
日本の美容師さんは高いのに、帰国3週間前にしてわざわざ切った理由は


失恋








・・・・・・ではなく
単に耐えられなかったから・・・・
もう量が多すぎて多すぎて。
結んでなんとかごまかしていたけど
残り3週間やり過ごせる自信がなかった。

おかげで髪の毛は軽くて、トリートメントで髪の毛はさらさらで
鏡をみるたびにちょっと嬉しくなってました。

これが美容院マジックなんだろうね。
気づいたんですが、眞鍋かおり嬢のブログに感化されたせいか
無意識のうちに「オイラ」という一人称をたまに文章で使っていて

ブログに留まっていれば「かわいい☆」で済んだものを
いつのまにか日常生活でも取り入れられてました。

日米ハーフの仲良しっこに指摘されるまで、気づかなかったという恐ろしさ。
ちなみに彼女がマネする私の口癖は

「オイラ超食ってるよ!」です(笑)

私の生活習慣を反映したような一言。

ゆきのステレオタイプ転じて日本人のステレオタイプの危機です!

習慣って本当に怖いね。

そのうち

「好きだよ。」
すっごいロマンチックな状況で言われて

「うん、オイラも。」
・・・・って

ムードぶち壊し!!!(笑)

物好きには良いかもしれないけど。

でも、最近本当に特に親しい人の前とかエキサイトすると、
自然と自分のことを「私」ではなく「オイラ」と呼んでいるので

そして本人にその自覚が全くない!

だって、私もう今年の12月で23歳で・・・
日本の大学に戻れば枠を超えて5年生で・・・・

ひぃいいいいいいいい

「オイラ」はブログ界にとどめて置くことをここに誓います。

習慣といえば日本人大学生の習慣も恐ろしい
3年半の間に身につけてしまった授業に対する姿勢・・・
続きを読む
以前はちゃんと過去時間で書いてたけど
ちょっと手抜きですが、今週は週末のまとめ。
というか何をしたか自分で思い出すために整理というのもありますが。

でも、わりと異文化体験が混じりまくっている週末だったと思います。

続きを読む
今日提出の、陶芸の課題をやってたら早朝4時になっていたので
記念に日記を書くことにしました。

ジムで充実した時間を過ごした後の疲労をためつつやっていたため
明日提出する予定だった作品のひとつの花瓶を割ってしまい
底のトリミングも危うく失敗するところだったので

あ、これはアカン・・・
と思って4時に切り上げてきました。

クラスの中で一番陶芸の作品が上手なG氏。
そう、あの異常なほどに作品が繊細で
自他共に他の生徒よりずば抜けていると思っている彼
(WhartonSeniorのFinanceMajor)
彼に遭遇しました。

火曜日の授業休んで何やってるんだと思ったら

「全然やってねーよ、はっはっはっ。」

火曜日休んだのも、他にやることがあったかららしい。
やっぱり本業はWhartonなのね。

でも余裕そうなのは絶対に気のせいじゃない。

睡魔に負けて切り上げた根性なしの私ですが
彼はまだもくもくと、粘土と格闘していることでしょう。
やっぱりここで実力の差が出るのかな?

でも、生産効率落ちてせっかくの作品を台無しにする
怖かったんだもん・・・・・・・・・
許して・・・・

ちなみにめんどくさかったからエスコートの迎えを頼まなかったら
寮の一歩手前のところで、普通の格好をした白人のアメリカ人に
「I am a very nice guy so will you listen to me for a second.....I am living on the street and haven't eaten for days....」
みたいなことを言われました。

いや、あなた明らかにちゃんとした食事摂っている容姿ですが?
と内心思いつつも

丁寧に断ってさっさと寮に戻ってきたけど。
やっぱり、深夜早朝帰宅のときは油断しちゃだめだなって思います。

みんなも気をつけてね。
日本では春になったら変質者が増えるって言うけど
フィラデルフィアも20度を越えるぽかぽか陽気が
いよいよやってきたって感じ

キャミソールにカーディガン羽織ってちょうどいい気温が一番好き。
そよ風に当たりながら目を細めちゃったりして
朝起きて一番に見えるフィラデルフィアセンターシティーに微笑んじゃったりして

でも、こんなに天気がいいと
ぐーたらが好きな私は
ただのんびりキャンパス内を歩いて、お茶して・・・・
そんな生活で満足してしまう。

教科書を広げるのなんていっつも授業直前で
skimmingにもならない程度に目を通す。

みんな、新社会人としての一歩を踏み出したり
怒涛の就職活動を潜り抜けたり(後輩はその真っ最中だが)
そんな中、今の自分の生活を見ると

このまま学生やって、2008年まで就職しなかったら
堕落するな・・・・ってこと。

最近の私は、社会経験を積み始めた友達を見て
早く社会人になりたくて仕方ないのかも。
きっと、逆の立場だったら「学生うらやましい。」って
思われることは明らかだけど。
そりゃ焦りますよ。

今日久々に卒論のことが頭をよぎったので
ちょっぴしまじめ学生に戻ったのですが
それでも、渡米したことを良いことに卒論も放置・・・・
実習の要領とか絶対忘れて、後輩からたくさん教わりそうだわ。

トリプルベリー味のクリームチーズをたっぷりつけたベーグルと
お気に入りのレモンセサミドレッシング、ブリーチーズ、ヒマワリの種をトッピングしたサラダをお昼に食べたら
お腹いっぱいになって、このまま昼寝をしたい衝動に駆られるゆきのんです。

こんな食生活できるのもあとちょっとか(笑)
としみじみ思ってみたり。

Spring Flingは一言で言えばすごかった
もう一言つけたすなら、みんな酔っ払いすぎ、パーティーしすぎ
それでもってご老体は全力でついて行けない・・・(笑
そんな感じでした。
でも個人的には思い出の多い週末だった。

それでもって今日はフランス語のプレゼンテーション。
フランス語がわかる人は、恥ずかしいからあまり見ないでほしいし
わからない人にはまるで分からないから見ないほうが言いと思うけど

先生からすっごくお褒めの言葉をいただいて
笑いもばっちり取れた作品です。
あらすじが知りたい人はコメントしてくれれば追記するよ
では、うちらのコントをどうぞ・・・

続きを読む
桜吹雪っていうとみんなどんな景気を想像しますか?
きっと、桜の花びらが激しく舞い散る姿を想像するでしょ?

四月の雪っていうとみんななにを想像する?
たぶん、ヨン様好きだったら彼が出ている映画を思い浮かべるよね?
映画のキャッチコピーでは
四月の雪は「どんなに舞い降りても降り積もることのない、はかなさ」
をイメージしているらしいですが。

でも、今日はを体験しました。
たぶん人生でもう経験できないかもしれない。

空は晴れていて
風は勢いよく吹いていて
上には白いものが勢いよく舞っていた。
でも、よく見ると雪の結晶の中に桜の花びらが混じっていて

強い風に吹き飛ばされそうになりながら悲鳴をあげている周りの子達と違って
私は思わず立ち止まって上を見上げてしまいました。

そんな風情ある体験ができて、少し得意げ。
また思い出話がひとつ増えました♪
今日スーパーで買ってきたキャラメルBitesが止められない
深夜0時まわったのにどーしよーって
相変わらずのゆきのさんです。どうもこんばんわ。

今日はDaily Pennsylvanianっていう
学内で発行される新聞がエイプリルフールバージョンでした。

Pennの学長がHarvardの学長に指名された!とか
フランクリンフィールドがオリンピックのために改装工事!とか

リアルに写真つきでのっていて、見出しと最初の章を読むと
妙に現実味があるんだけど、最後まで読むと「おい!」って感じ。
表紙には、HighRiseってゆう高層ビル寮で(というか私が住んでいる建物だ)
窓際で性行為をしているカップルの目撃写真が
PlayBoyEditionになったっぽくして載っていた
実際この問題の写真は先学期本当に撮られてWEBで広まり
ローカルニュースでも報道されたという騒ぎだったんだけど。
こんなニュースアメリカでしか起きないし・・・
っていうかブラインドしめなさい!(笑)と思ってましたが
またエイプリルフール編のところで写真がえぐり返されるとは・・・

今週末はSpring Flingといって
学内でお酒も含め屋台やらが開かれて
コンサートがあったりもして
みんな酔っ払って、てんやわんやの騒ぎになるらしい。
続きを読む
毎日定期的にブログをつけるくせが徐々に抜けてきてます。

一番の原因は、社会人なり大学院なり新しい生活がスタートして
後輩は就職活動に全力を注いで
さらにその下は部活に励んでいるだろう
みんなそれぞれ刺激を受けて、多くのことを吸収しながら
生活レベルの高い日々を過ごしているんだなって思って
そのあとに、最近の自分のどっちつかずの立場を考えると
何書いていいか分からない・・・・
って感じです。

そうそう、ついにお姉ちゃんがカリフォルニア入りして
姉妹揃ってアメリカ在住になりました。

昨日、鬼太郎のオヤジみたいな声で電話がかかってきて
エイプリルフールを一日間違えた友達かと思ったら
うちの姉でした。
まあ、二人がアメリカに同じ時期に住んでいるのは
5月に私が帰るまでの残り6週間くらいですが。
しかも飛行機で6時間弱の距離なので
東京からだったらシンガポールくらいまで行けるんじゃないかってほどの距離

アメリカは大きいからね。

私のプレステをなんと、アメリカに持ってきたらしく
さらに気合をいれて、ぷよぷよ、ドラクエ、みんゴルなどなど
ソフトも揃えているらしく。
私の帰国後の
「キングダムハーツ2」で梅雨の引きこもりを乗り切ろう計画
見事に崩れました。

そして、あの「ごめん」に気持ちはこもっていない。
間違いない・・・・

それでも仲良し姉妹です。
姉妹ってそんなもん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。