Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
ペンシルベニア大学最後の夜は
日本からの交換留学生ギャルズと
荷造りがいつ終わるか分からない散らかった私の部屋で
ランダムなことを話しながら
押され押されで必死に荷造りを終えて
徹夜で朝を迎えて、Moving Outのほかの学生にまぎれて
友達の力を借りつつ、あわただしく出て行った
(その騒動で現在も私のiシャッフルが行方不明!!!)

フィラデルフィア最後の夜は
翌日からロンドンに行く居候先の友達とともに音楽をノリノリでかけて荷造りをしたんだけど
友達が途中で体調不良と嫌気を訴えて寝ることにしたので
「私はもう少し頑張ってみよう
でも、その前にソファでちょこっと休憩・・・」
と思っていたら、そのまま寝ていた・・・
翌日は、ミスチルを聞いたらこの街を去る事実に妙に悲しさがこみ上げてきて
少し泣いたのを覚えている。
そして、ペンで出会った親友のコリアン美人に見送られながら
電車がゆっくり動き出して彼女が少しずつ遠くなっていくのをみつつ
やっぱり涙があふれてしまった

そして、NYのRyeの街での最後の夜
今、23時を過ぎてここで留学ブログ最後の記事を書いています。
留学体験記も無事に書き終え
荷造りも8割がた終わったので
あとは、明日の朝3時半にちゃんと出れるように準備をすれば良い。

いろいろあったけど

終わりよければすべて良し

この言葉の意味を痛感したなと、じみじみ思います。

絶対に、またアメリカに戻ってくるし
Ryeにも戻ってくるし、フィラデルフィアにも戻ってくる。

絶対にね☆
続きを読む
スポンサーサイト
先週、留学中の最後のNYCに行ってきたとMIXIに書きましたが
マンハッタンでやり残したことがあったのでもう一度行きました。

フィラデルフィアからはチャイナタウンバス2時間程度の道のりを往復20ドルだけど
いまいる町RyeからだとMetroNorthという電車で急行なら40分の道のりが片道9ドル。
つまり距離と時間は大きく違うのに値段は大して変わらない。
中国人って商売上手なのかな?物価の感覚が高めの日本人としては疑問に思うところです。

と、長めの前置きはさておき、やり残したこととは
Phantom of the Operaを見ること。

感動するものが好きで、ミュージカルもわりと好きな私
そして、ミュージカル通ののりちゃんから
「ファントムは絶対に絶対に見て帰るべき」とダメ押し、ごり押しをされていたので

これは観なかったら後悔すると思い、
公演3日前にチケットを買いました。

居候先に迷惑をかけたくなかったのでマチネのお昼のショーの選択肢しかなかったので
ネットでは一番高いエリアの席でも、最後尾しかあいていない状態。
当日券ゲットの淡い期待はしないほうがいいと思い、奮発してその最後尾の席を買いました。

劇場に行ってみると、どうやら昼のブロードウェイは中学生とかがフィールドトリップに来るケースも多いらしく、引率の先生と中坊が結構いた。満席の理由はこうゆうことか・・・

そして、実際に公演をみた感想は・・・・・

ファントムが泣く場面で、この私も号泣してました。
ハンカチ持っていって正解だった。

なんだろう。共感でもなく同情でもなく・・・・・
でも、痛いくらいにファントムの切ない気持ちが伝わってきて
自然と頬に涙がつたってしまうの・・・・
一人だったから余計に周りを気にせず泣けちゃいました。

あまりにファントムに感情移入しすぎて、自分でもびっくりです。
ここまで人を引き込むことのできる舞台って9歳のときにブロードウェイでみた見た”キャッツ”以来かも。

日本だとあまり舞台を見る機会がなかったのですが、
留学中の9ヶ月で4つもミュージカルをみることができて
やっぱり「生」は良いなとしみじみ思いました。

ブロードウェイはいくつか見たけど、舞台演出と音楽とストーリーを全部あわせた総合得点で比べたら、「オペラ座の怪人」はダントツで一位でした。
特に舞台演出!シャンデリアが落ちる話は有名だけど、ほかにもいろんなところにいろんな仕掛けがあって。
場面が変わるときに、自然とさりげなく、でもガラっと舞台装置が変わっているのには参りました。

のりちゃん、やっぱりあなたは正しかったよ!!!!

また観たい!って本気で思わせるミュージカルでした。
ブロードウェイ史上、一番ロングランなんだって。

文句を言わせてもらえば、やっぱりあまりものの席だったから
値段の割りに場所があまりよくなかったこと。
2階席が完璧に頭上にかぶってるからシャンデリアが上にあるのが見えないんだもん!!!!こればっかりはどうしようもないね。

というわけで、次回NYに来たときは、券をもっと早めに予約し、
前の席を確保したいと思います。

そして、できれば一人で泣くのではなく、誰かと一緒に泣きたいです・・・

(写真もたくさん取ったけど後日アップします。この感動を冷めないうちに文章にしたかったので。)
Ryeにての生活。

ゆったりした時間がありすぎて、戸惑う。

一日24時間、全部自分の好きなように使える、そんな感じ。

土曜日の夜8時に到着してから
現在月曜日の夕方5時前までに外出したのは合計で2回
土曜の外食と
日曜の居候先の長女が出店しているお店の後片付けの手伝い。
たぶん、その合計時間は3時間に満たないだろうか・・・・

今日は朝の散歩に行こうと思いきや、ざーざーの大雨だったので
予定を長風呂に変更した。

こんな感じの充電期間なので自ずと今後どうするかを考えてしまう。
嫌でもね。

というわけで、あらゆる方面からやるべきことがざくざく掘れる。

主に、やらないといけないことは
就職活動と卒論で
まあ、これは嫌でもやらなきゃいけないことであり
自分の問題なんだから、プロセスはどうであれやるだろうということで
今回のブログでは端っこに寄せておこう

(でた!これぞ現実逃避!!(苦笑)

もっとお手軽な話からすると
この留学ブログをどうするか・・・ってことで。
続きを読む
留学生活は終わったも同然ですが、帰国まであと6日間。
センチメンタルな気分になってしまうこと
胸がいっぱいになってしまうこと
文字にしてしまったら、その価値が下がってしまって書くのが怖いこと
もろもろの事情でブログから遠ざかっていました。

昨日、タクシーのおじちゃんに割り増しまくりのチップを払って
30thStationからアムトラックに乗って
愛着のあるフィラデルフィアの街にさよならを言いました。
だいたいの友達はもう帰ってしまったか、卒業式で忙しいかだったけど
そのあわただしい中でもはるばる駅までお見送りにきてくれた大好きな友達と
マックのソフトクリームを食べながらたわいない時間をすごしてました。

合計で80キロ以上はあると思われる荷物は駅のおじさんに頼んだおかげでかなりラクになったけど
もう一箱追加で送らないといけない可能性があるなと思います。
重みであのスーツケースが壊れるのは時間の問題です・・・・・

最後の最後までフィラデルフィアを離れる実感がなくて
すごく悲しいんだけど、まるで夢見たいで
明日起きたらまたフィラデルフィアでいつもの朝を迎える気がしてならなかった・・・
物事の終わりなんてそんなものなのかもしれない。

今は、RyeというNY郊外の街にいます。
6歳から9歳という3年半のわずかな間だけ住んでいたこの街
ここで、私は英語を文法ではなく現場からスパルタで覚え
アメリカ人の友達をつくり
またここに故郷を訪ねる感覚で戻ってきたいと思うようになった。

この街での海外経験がなければ私はおそらく留学なんて考えなかっただろうし
そもそも、英語以外の科目は高校時代まったくもってできなかったので
いまの大学にすら行くことができなかったかもしれない。
そのような意味で、この街は今の留学生活の原点といえるものがあるんだろうな。

NYといっても、この街はすごく閑静で、緑がいっぱい
車がないと最寄の駅にも行けないので
私はすごくリラックスした、まあ、言ってしまえば怠惰な時間をすごしている。
でも、このゆったりした時間は私の留学生活を振り返って、
そして名残惜しさをうまく対処して
新しい生活に向けて切り替えるための充電期間としては最高なのだと思う。

自分の中でうまい具合に、綺麗な思い出が結晶化されて
それを堪能するゆとりも持てるから。

留学生活の最後にこのRyeの街で過ごすことに決めたのは
私にとって正しい、賢い選択だったと思います。
この留学生活で私に数多くの影響を与えてくれた友達のところで居候生活をはじめ
あっという間の一週間が過ぎた
徹夜で荷造りを終えて、どすっぴんで予想されていた倍の荷物を運びこみ
「ぶっちゃけ、今日のゆきのん不細工だよ」と笑い飛ばされたのは
昨日のことのように思える

17:22のアムトラックで
NYのRyeの街へ向かう
フィラデルフィアとも当分お別れ

私が交換留学生として過ごした日々をまた繰り返すことはできないが
またいつか戻ってきて、センチメンタルジャーニーを楽しみたい

でも、口で言うほど実際は簡単じゃない
お金も時間もかかることは分かっているけど
必ずいつか実現させたいなと思いながら

合計で80キロ以上はあるんじゃないかと思われる荷物を
とりあえず5ブロックくらい先の30ThStationまで
がんばってひきずっていかないと・・・・
現在夕方の18時半過ぎ
居候先の友達のアパートに無事に落ち着いて
ようやくブログを書いてます。

この3日間めちゃくちゃバタバタしてました。
私の部屋でFarwellを2回もやって
嫌いな荷造りをだらだらやって
大きな貸し出しカートを借りて、荷物を入れて郵便局や留学生課をかけまわって。
前日の夜はのりこに絶望的な部屋といわれつつも
どうにか形にしていろいろ詰め込んだ。
朝はまたまたのりことYumiに荷物の運び出しを手伝ってもらい
Move Out最終日で30分待ちのエレベーターをうまく潜り抜けれたのは
絶対に彼女たちのおかげだと思う。

忙しくしている間は、実感はないけれど
今朝、空っぽになった自分の部屋を見渡して
毎日当たり前のように見ていた自慢のセンターシティの景色を見て
その上にある少し雲が混じった綺麗な青空を見上げて・・・・
この9ヶ月間、いろんなことがあったと思った。

最初はびびっていた、黒人3人との共同生活
壁に大きな穴がある部屋になってしまって
今となっては笑い話だけど、そのときはこんな子達とうまくやっていけない
って半泣きで悩んだりもしたっけ。

でも、いつのまにか一緒の部屋に住んでいることが当たり前になって
親友ではないけど、親しいご近所さんみたいな
適度な距離を保って、プライバシーをきちんと守りつつ、
いろいろお互いのことを生活の一部から学んでいた。
その関係が私にはちょうどよく、居心地が良かった

香港の交換留学生との別れよりもルームメイトとの別れのときのが
お互いに涙が抑えられなくなってしまうのは
きっと、お互いにもう会うことはないかもしれないと分かっているからなのかもしれない。

アフリカンアメリカンのルームメイト3人をもった私はすごくラッキーだったと思う。
そしてみんなができない貴重な体験をしたなとも思う。
元気すぎるルーミー達に圧倒されたり、
話題についていけなくて疎外感を感じることもあったけど
それでも、最後にハグしたときに涙を抑えなくちゃいけなくなる自分は
本当にこの3人の子との共同生活を楽しんで、3人とも好きだったんだと

そして、Hamiltonで忘れちゃいけない存在の子が二人
フランス語のクラスメイトのLena

Lena, I have too much things I have to say to you.
But if I summarize it in a sentence, "You meant a lot to me in this life at Penn."
Seriously, I am proud to have you as my best friend at Penn.
Walking locust walk together every morning,
Talking in your room late at night, imitating your mandarin and speaking to Marc. Talking about our private issues which was really special.....
Gymming together, sometimes swimming, sometimes jogging, and the unforgettable day that the huge olympic pool was entirely ours.
Shopping together, eating together......
I have too many memories with you and I can't help thinking that we can spend same hours again after this summer break.
Actually you meant too much to me.....So special.
We can't do things we did in Penn again, but I know I can see you again.
Please keep in touch. And please tell me when you arrive safe in Taiwan.

この部屋で過ごした9ヶ月間を私は絶対に忘れないし
そんな素敵な思い出を作ってくれた
ルーミーやLenaへの感謝の気持ちも絶対に忘れません。
そして、あのすばらしいLocust Walkとその先に見えるPhillyのセンターシティの景色も。

悲しすぎる現実。思い出すと涙もちょっとだけこみ上げてくるけど

ありがとうの気持ちは、綺麗な形でしまっておきたいと思います。
1日に試験が終わって、今まで何をしてたかというと・・・

パッキング・・・をやろうとみせかけて
部屋を散らかしていた(特技)
今日1箱は日本に、1箱はカリフォルニアに4月から生活を始めた姉に
汗をかきながら郵便局に大きな箱を運んでいった。

外を見たら、汗ばむ陽気と鮮やかな緑の木々の景色
そして、ボランティアの学生が引越し用のカートの貸し出し手続きをするテントの下で、雑務をこなしていて
車が普段通れないLocust Walkでは、家族の車が止まって荷物の積み上げを行っている。

9月にきたときは、荷物の積み下ろしだったことを抜けば
すべてが同じ光景。
ペンにきたばっかりのことを思い出したら、なんかセンチメンタルな気分になった。

片付け能力が極めて低い私は、飽きたらすぐに間食する。
そしてすぐに飽きる。

女の子の時期であり、もうすぐ帰国を言い訳に
アメリカ食生活を堪能していた
ポテチとダイエットコーラの組み合わせとか
アイスを大きい容器からまんま食いとか
チョコレート7000円近くお買い上げとか(これはお土産、念のため)
そして、胃痛を起こすというオチ
やっぱり油ものはだめね。


えげ・・・・・
(新用語:「うげ」という気持ち悪い現状を、「えへ」とお茶目にごまかしたかったけどうまくいかなかった時に使う)

昨日はうちの部屋でフェアウェルパーティーをして
まあ、みんな好きに飲みながら談笑するっていう感じ

すごい感動したのが、明日の朝5時に出発する友達が
わざわざプレゼントを届けに来てくれたこと。じーんときた。

まだ、バイバイを言うには少し早すぎる感じがして寂しさはあまりないけど
部屋のものがどんどんなくなって
みんなからもらった色紙や、送ってもらったカードや、ポスターをはがして
引き出しをきれいにして・・・・なんてことをしていたら
やっぱりちょっと寂しくなってきた。

そういえば、私日本で退寮する日、M田くんとサシ飲みするって予定で
最後ばたばたして結局1時間も遅れて(相手を相当あせらせて)
東生協につれてかれて、ドッキリにはめられたよな・・・・

あれって、もう9ヶ月も前のことなんだなーとしみじみ。

新しい環境に行くのは、ワクワクとさみしさの半分半分。
日本への帰国は楽しみと同時に憂鬱でもある
(だって、私Super Senior(5年生)とか言われちゃうし。あ、でもゼミでは4年生扱いよ。みんな、よろしくね(笑)

残された時間で、何をするか・・・
とりあえず、ジムの設備をもうちょっと利用しよう。

ポテチ消費大作戦!

えげ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。