Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
まず、携帯復活しました。
というか新しいのを買いました。
"It is a liquid damage so we can do nothing about it."
まあ電気屋さんのおじさんに携帯電話の女の子って顔を覚えられてしまうくらいだし
トイレに落としたのは自分の責任なんで、素直に買いました。
まあモデルは同じなので、ちょっとだけ綺麗なのを手に入れたって感じで
あと9月に買ったときより30%割引されていたことくらい・・・・
でも結局はお金かかってるのよね・・・・

あ、アメリカ在住の皆様はメモリが抹消してしまったので
メールかメッセかなんでもいいから番号を教えていただけると嬉しいです。
じゃないと、日本人からの電話なのに英語で出ないといけなくなるから。

携帯が早速戻ってきて、それを使っていくつかの用件をこなした。
やっぱり便利なんだなーとしみじみ痛感。
手放して、ありがたみを再確認しました。
束縛から解放されたとかいう概念は私にはなかった・・・・

でもって、今日はちょっと嬉しい出会いがありました☆
恐らく人が殺到するからなのか、直前まで発表されなかったのですが
今日うちの寮に旧プレジデント(学校長)と現プレジデントが30分だけ訪問しにきたのです!!!!驚くべき事は二人とも女性であるということ。
今の校長先生は2004年から新しく就任したばかりで、それまではDr.Judith Rodinという女性が10年間校長を務めていました。
そりゃ有名人に会えるってことだけど、個人的になぜここまで嬉しかったかというと彼女は校長に就任する前は、心理学の学部長を務めていた女性なのです。

留学計画書を作成するときにゼミの先生と彼女の研究についても学ぶように勧められたので、論文を軽くかじったりしていました。だから、自分の勉強に関連が深い偉大な人物と出会えて会話ができたということがものすごく嬉しかったのね。

もちろん彼女は人気者でいろんな人に話しかけられていたから、
いつ話しかけようか迷っていたら、帰ってしまう気配がしたからあわてて声をかけたのです。だから、1分くらいしか話せなかったけどそれでも満足♪
握手もしてもらいました。
でも日本人の習慣が抜けずお辞儀もしちゃった(笑)

「あなたに憧れて私はペンシルベニア大学を選びました。」
というニュアンスの事を言ったからね(笑)
個人的なことではあるけど、すごく嬉しい経験でした♪♪

この前のハローウィーンもそうだけど、こうやって校長を身近に感じることができるイベントがたくさんあるアメリカの大学の風習はすごく良いなって思います。うちの大学の学校長がハローウィンで仮装したらどうゆう反応が起きるんだろう?(笑)

うちのゼミ生(主には先生と院生になるかな)に1つ自慢になるお土産話ができました。

単純な私は良いことがあると前向きになれて頑張れる。
この能天気さはある意味幸せ者の証なのかもしれない。
今日はわりと良い事が多かった日なので、夜の勉強も頑張ろっと。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/126-52e1cdcf
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。