Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
はじめて海外に一人で旅をしたのは大学2年の時だった
そのときは、不安で不安で
いつもと比べて異常にお父さんが優しくて
値段だけが高い成田のレストランで上げ底のちらし寿司を食べたのを覚えている
おの図体の大きいパピーが「日本食はもう1週間食べられないだろうから」って自分のにぎり寿司も半分以上くれた。いつもは食べ物競争に張り合ってるだけに(笑)ものすごくびっくりしたのを覚えている。

あの時は、不安で不安で仕方なくて
お別れするのが嫌だった。
不安そうな私を励ますために、中に入ってからエスカレーターを下る時に
ガラス窓越しに見えるうちのお父さんが笑顔で泣きまねをするものだから
それをみて思わず泣いちゃった。

次の一人出発はいきなり飛んでこの留学。
家族全員とおじいちゃんが成田まで見送りにきた。
8月頭と日本国民がバケーションラッシュをする時期だったために
小さい荷物検査所から、人の頭を超えて手を振ったっけ。
涙対策の帽子とサングラスはあまり必要なかったけど
やっぱりちょっと寂しさが残った

それでもって次はボストンへ行くために相棒と二人での空港
ランダムで選抜される特別荷物検査にひっかかり
はさみを入れたままにしたので気が気ではなく(そのくせ取られなかった)
ボストンキャリアフォーラムなんぞやというストレスフルなイベントを控えていたために浮かれている時間なんぞなかった。

だから今回のDepartureは今までの中で一番わくわくした。
最初から一人で{大学ー空港}巡回の送迎バス(サンクスギビング休暇によりサービスなんだって)に乗って、指定のターミナルで下りる。
Eチケットであまりにも簡単に発券ができて
おもしろいくらい荷物検査も余裕にスルーで
いざ空港内に入ったらわくわくして思わずにんまりしちゃった。
無造作に置かれているロッキングチェアに座ってみたり
小さなショッピングモールとも言えるくらいバラエティ豊富なお店たちを外から眺めたり
そんなことをしている自分の足取りはすごく軽かった。
友達に手当たりしだい電話して、「今フィラデルフィア国際空港なんだー」なんて自慢したかったけど(笑)、電池が一本しかなくて到着後のお迎えのときに連絡が取れなかったら話にならないので自粛。

5時間半後にカリフォルニアに到着した自分に
どんなことが待ち構えているのかと思うと、楽しみ☆☆

課題?
そんなもの、いっぱい貯めてしまったさ
So,What?
Guys!It is Thaks giving!

七面鳥を食べれるかどうかはわからないけどめいっぱい楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/147-2c829b63
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。