Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
私がチャレンジ精神だけで取った心理学のゼミ
Benjamin Franklin Honorゼミであって、
ペンでもこのHonorスカラーシップをもらっている学生の必須単位であるため
みんなものすごく優秀だなという印象を受けまくりだった。

この授業はあなたには難しすぎるから落とした方が良いと言われたり
Cの連続で先生にエッセーを酷評されたり
プレゼンで全く意味のわからないことをいって恥をかいたり
踏んだり蹴ったりだったけど

終りよければ全てヨシってことで

プレゼンに関して参考になりそうな記事(http://www.cbsnews.com/stories/2004/11/22/world/main657109.shtml)

午後に発表してきます。

「負け犬の遠吠え」について。
先生に過剰に期待されたメールをもらったりして
かなりのプレッシャーなのですが・・・・うまくできますように。

いざ出陣!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

プレゼン終りました・・・・・
結果を報告しましょうか・・・・
大成功!!!でした。

ごめん、テンション高いです(笑)

クラスの前に先生がメーリングリストでみんなにこんなメールを送信していて
<以下抜粋>
I can't resist sharing one of the essays with you. I have always been curious about the Japanese book, Cry of the Losing Dog, that is referred to in several news pieces, but is not available in English. Since this is Penn, I was able to find a Japanese national in our class who was willing to import the book. Her sparkling report appears below, complete with my usual picky comments. Though the book deals with serious issues, I think CBS's (上にリンクした記事の事)"tongue-in-cheek" characterization is apt
<ここまで>

最初は、このSparkling Reportを書いたJapanese nation in our class
っていうのが自分だということに気づかなかったし(笑)
そして、「なぜ見覚えのあるエッセーが送られているのか?」と疑問に思った所で
全てのなぞが解け、先生の過剰な期待にプレッシャーにも気づいた・・・

しかも、今日教室に行って報告の順番を事前に告知されたら
なんと、私トリだし・・・
今学期最後の授業の最後の報告者がまさか自分だなんて・・・
またまたプレッシャー・・・

しかし、「負け犬の遠吠え」は私のお気に入りの一冊であり
かなり読み込んでいたし、内容には自信があったので
あとは自分の英語力の問題だなってことは明らかだったのね。

今までの報告は内容に自信がなかったこともあり、いつもモゴモゴ。
「話し言葉の時はもっとハッキリ喋れるのに・・・」なんていつも思いながら。
きっと周りも聞きにくかったに違いないだろうと思い。
とにかく今回は顔を上げて、はっきり喋ることだけは心に決めてました。

出だしはやっぱり緊張のせいか詰まったりしたけど
報告している内容そのものがすごく面白いものだったから、
みんなも発表中にかなり反応してくれて
一度、みんなから笑いがとれたら軌道に乗ってきて
いつもよりハッキリと自信を持った報告ができたと思う。
無事に最後までプレゼンを終えることができました。

その手ごたえは間違っていなくて、ゼミが終ったあとに

「すごく面白かったよ、ありがとう。」だったり
「プレゼンすごく良かったよ。」とか
「このコースを通してあなたの英語は本当に上達したと思うわ。」とまで
言われて、"Thank you"の連発(笑)

気合をみせるためと、何かが形に残せるようにと
「負け犬にならないための10か条」
「負け犬になってしまってからの10か条」

そして「オスの負け犬の例」を簡単にリストにした配布資料も作成して
それも評判がなかなか良かったし。

きっとゼミでは報告するとき以外はかなりおとなしかったから
何も考えていないか、英語で相当苦労してるんだろうと思われてたんだろうな。
だから、最後にこうやって少しでもみんなに印象を残せて良かったです。

思い返せば、このゼミで毎週提出のエッセーに悩まされ
時には課題のリーディングの内容が分からなくて適当に書いたり
思うような評価がもらえなくて落ち込んだり
みんなの前で思うように喋れなくてもどかしい思いをしたり
先生に「英語をもっと上達させる努力をしなさい」と激励されて凹んだり
半泣きになったこともあったし、本気で泣いたこともあったっけ?(汗)
投げやりになっていた時期ももちろんあった。

でも、最終的にこうやって最後のプレゼンテーションで
周りのゼミのメンバーから温かい言葉をもらえて
これは、自分の力で結果を出せたということなのかな?と思うと
少しだけ自信に繋がりました。

この授業にチャレンジして本当に良かったと心から思います。

確かに楽な授業ではなかったけど、文章を読むこと、書くこと、そして
プレゼンテーションで相手にわかりやすく伝えること
全部学べるお得なゼミだった。

この嬉しい気持ちを、いつまでも忘れないようにして
来学期の授業も大変でも頑張ろうと思います。

なんか、学業面で留学らしいポジティブな報告がやっとできて
すっごく嬉しいです☆☆☆
スポンサーサイト
コメント

よかったねー大成功して♪ゆきのは明るいブログを書いてるのが、やっぱり一番ゆきのらしいもん!!
みんなからの反応もよかったみたいだし、英語力も上達したって言ってもらえたら本当に嬉しいよね^^

ちなみに私もつい最近から「負け犬の遠吠え」読んでいますが、確実に私のことを書いているねこれ笑。
2005/12/07(水) 06:41:55 | URL | 紋子 #-[ 編集]

おつかれ!おめでとう☆

いろんな意味でパワーアップして帰ってくる君を受け止めるだけおれもパワーアップしているよ!
ついに友達から「頼むから合コンを盛り上げにきてくれ、お金払わなくていいからさ」というオファーがきたよ・笑
腹筋も鍛えて帰ってこないと笑ったまま死ぬぞ!笑


意志が道を作って
意志が人をつくるんだって。
そっちいてよかったね☆
2005/12/07(水) 12:13:28 | URL | ひらの。 #-[ 編集]

素敵な報告を受けてこっちまで嬉しくなっちゃったよ☆ しっかり伝わってきました♪
この調子で頑張れぇ~(^^)
2005/12/07(水) 20:45:53 | URL | うんの #-[ 編集]
すごい!
ほんとすごい!
よかったね、チャレンジして!
留学数ヶ月目にしてこんな大きい収穫がすでにあったんやな(^-^)
ほんまよかったな☆
私も誇らしい気持ちになったよ。
オス負け犬の10か条が気になる・・
2005/12/08(木) 04:27:34 | URL | さなえ #-[ 編集]

みんなありがとうーー☆
本当に、一時期はなんで調子に乗って変に高いハードルに挑戦してしまったのかと後悔したりとか、きっとほかの留学生ならもっと余裕でこなしてるんだろうなと劣等感を感じたりとかしたけど、こうゆう結果が出せてすごくすごくうれしい!!!
久々に自分で何かを得る達成感を味わいました。

あやこ>私、2年前読んだときより今のほうが将来のことを考えているらしく、最近はサカジュンの「負け犬にならない為の10か条」を半分笑いながらも少し参考にしたほうがいいのかな?って懸念してる。
やっぱり結婚はしたい・・・・あと、あやこのブログに住田弁護士についてコメントしてる人がいたけど、私は彼女の娘と仲良しな友達であることを利用して直接インタビューしたことあるからちょっとうれしかった。すべてがリンクしてるんだなって☆

ほかのみんな:あと5分で授業だからまたきっちりとしたお返事を書かせていただきます!!!
2005/12/08(木) 11:25:38 | URL | ゆきの #-[ 編集]

なおぷ>いいこと言うね!!!
いい言葉だ!!
でも、おもろいことも言うね(笑)なおぷの笑いのつぼは癖があるから万人に共通ではないと思っていたのだが(というか、私と共感できるって時点でかなり癖あると思うよ。)
じゃあ帰国したら合コンしよう!

・・・・でも、他のメンバーがついてきてこれないかもな。(笑)

うんの>伝わった?伝わった?こんなに嬉しい気分になったのは留学して初めてくらいの勢いだったよ♪達成感っていうのかしらね。一緒に喜んでくれてありがとう☆

さなえ>きゃー、さなえ。さなえまで誇らしくなってくれて嬉しい。でも、私は帰国してから7キロも体重を落としてるあなたが羨ましいよ。私このままじゃ日本帰れない・・・・・

ちなみに、配布レジュメからオスの負け犬の例をコピペしておくね。
英語なんだけど・・勘弁してね(笑


Examples of male losing dogs:

* A male who isn’t interested in women.
Most of these guys have an interest in women (unless they are gay). They just have delusive relationships with idols, young girls, or characters from games and anime.

* A male who is interested in women but who doesn’t want to take the responsibility for marriage.
They are too lazy to think of having a family

* A male who is interested in women but who isn’t interested in female losing dogs.
No matter how old they are, they prefer young girls. As a result, they will never be able to find a mate.

*A male who is interested in women but who is not attractive at all.
It is a sad situation for these guys, but this is not the generation for which “marriage is mandatory event for every human being.” Someone must be passed over.

*A male who is interested in women but who is a failure.
These guys may have alcohol, drug, or gambling addictions.
They might have an Oedipus complex or they might be abusive or unemployed, etc.
2005/12/08(木) 13:18:18 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/157-2e842f67
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。