Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
28日
早朝3時にNYCのタイムススクエアを出て
4時過ぎにチェックイン。3人とも半ば眠りながら
とりあえず6時のフライトでアトランタまで飛び
そこで3時間半待たされた後また乗り換えてオーランドへ。
アトランタの空港はハブ空港と言われていて乗り換えの乗客でわんさか。
そのごった返した雰囲気がなんともいえない息が詰まる感じがした。
競争率の高いソファの3席分を占領して爆睡する、日本人Galsは周りからどんな風に思われていたのかなんて、考えたくもない。

オーランドについてから、初日はチケットを買った後は
ホステルの目の前にあるスーパーで買出しをしてまったり。
一泊15ドルのホステルは、バストイレは個室で4人部屋に対して4人(正式には1人強引に入れ込んだので5人だが)だったので、ホテルの部屋となんら変わらない。ニューヨークのホステルよりも広いのに格安なのはおそらく地価の関係なのだろうね。まあ、当たり前すぎるけど。

怒涛な日々はここから始まる

29日ユニバーサルスタジオ。
気合を入れて開園と同時に行ったら空き空き。
しかもアトラクションが思ったよりおもしろくないかも・・・なんて不満を一同抱えつつも誰も口にしかなかった(笑)
心理学的に、待ち時間が長いほどその乗り物がおもしろくなくても実際よりもおもしろかったように感じるっていうのは本当なのかもしれない。
午後はアドベンチャーランドへ移動。
こちらは絶叫系の乗り物が多くて、きゃなり楽しめた。
私のお気に入りはハルクのジェットコースター。

30日エプコットセンター・MGMスタジオ@ディズニー
午前中はエプコットにてぬるい乗り物とワールドショーケースでまったり。
日本館の三越デパートが主催するお店で買い物をして、店員さんの接客態度の素晴らしさと、ギフトラッピングの手慣れたしっかりとした包装に感動しすぎた。
11歳の時の新年カウントダウンは、家族そろってイタリア館の目の前だったとうことを思い出しながらもちょっとじーんとしたりも。
(本当は日本館に行きたかったのに、人が多すぎてたどり着く前に年が明けてしまったというオチ)

午後MGMに移動してからは、時間がないからメジャーな乗り物に乗ることに。
80分待ちだったロックンロールコースターは、3人とも大興奮する結果に。
まさかディズニーなのに回転しちまうとは・・・いい意味で予想外だった。
今度東京ディズニーシーに来るといわれている"Tower of Terror"にも乗ってきました。いやいや、ディズニーであんなに絶叫するとはね。ふふふ。

そして、さらに感動的だったのは割り込み作戦に成功し
(座席を空けてくれたのは日本人家族だったことがポイント)
30分前に行ったにも関わらず一列目のど真ん中で、Fantasticという水上のショーを見れたこと。感無量。
水のスクリーンに映し出されるアニメーション、惜しげなく使われる日と水の演出に、ため息がでたことうは言うまでもないです。


31日マジックキングダム@ディズニー
東京ディズニーランドとマップがほとんど同じだったので
乗り物に期待をしてなかったけど、東京ディズニーよりも乗り物が長かったり、凝っていたりしておもろかった。
でも、パレードの完成度は断然日本のが高いと思う。
シンデレラ城は品がないし。
まあ、今日の目的はカウントダウン!!!
すごいのはシンデレラ城の屋根から一本の紐がつるされており
そこから本物の人間がティンカーベルに変装して毎日飛ぶわけ。
スタントといえども、命綱一本で恐ろしいのではないかと思いますが。
惜しげなく打ち上げられる花火を見ながら
一年間を振り返ってしみじみしました。

1日ユニバーサルスタジオ
前日遊び過ぎたので今日は10時くらいに出発。
ホラーのメイクアップショーみたり、
マミーの恐いジェットコースター乗ったり
ポパイの船の乗り物でずぶ濡れになったり
ハルクでもっかいはしゃいだり
いいとこ取りをしてました。

まあ、自分が覚えておくために走り書きになってしまいましたが
フロリダのたびを通して思ったのが
ディズニーやユニバーサルの観光客をカモにした偽タクシードライバーの多いこと。
そりゃ、若干安くしてもらえるのはこっちに取っては悪い話じゃないが
192道路沿いにホテルがあると言って、自分はその道沿いに住んでいるといっておきながら、到着した場所がそのホテルの周辺にすごく似ている全く違う場所だったりして。明らかにその道路沿いでないロケーションからわざと間違えたのは明らかなのに、それでもって倍の金額をいきなり請求してきたりするわけわからんおっさんとか。
元旦早々、タクシーを乗ろうとすると相乗り乗車をはかっておきながら明らかにその女の子達もグルなんじゃないかというやくざっぽいおっさんだったりとか。一台で20ドルしない距離を、1人25ドルでどうだといってきたりね。

きっと2年前の私だったら、社交的に話しかけてきた人には愛想よく対応していただろうが。この2年間で素直じゃなくなったというか、少し世間を疑うようになったというか。そうゆう初対面のうさんくさい人々を安易に信用しなくなり、会話をけしかけられてもあまり乗れなくなっている自分に気づいた。話が盛り上がればある程度の信頼関係が生まれて、ちょっとくらいお金をごまかされても人が良ければ「まあ、いいかな。」って思ってしまう。でも、人間関係において情を操ってお金をうまく得ようとする人間って、人としてどうなの???
なんていろいろと考えさせられたフロリダ滞在期間でもありました。
スポンサーサイト
コメント

ロックンロールコースターおもしろいよね!!無駄にエアロスミスだし☆
脳みそが揺れたよ~
キャラとは写真撮ったの??
てかたくさん満喫してて羨ましぃ~♪
2006/01/11(水) 00:53:16 | URL | なおみ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/173-c4b036b3
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。