Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
留学してて、先学期から常々思っていたけど

日本の事ってアメリカでは全然知られていない

そりゃ、私は日本人で
人生の大半を日本で過ごしてきて
ほとんどの時間日本語を話してきて
活字なりテレビなりネットなりの日本メディアに触れてきて
夢中になってみていたテレビも基本的には日本のどこかが舞台で

だから、日本社会の現象なんて空気のようなもの。

負け犬の遠吠えのように、高学歴の女性が結婚できないことが社会問題だったり
たてまえと本音だったり、社交辞令というものが社会に存在したり
人と違うことをすれば、「出る杭は打たれる」経験をしたり

そいう風潮が、露骨ではなくても
日本社会に存在していることなんて、気にもとめていなかった

だから、文化的観点から日本の傾向をちょこっと説明するだけで
すっごく興味をもたれる。

これはある意味、交換留学生の特権でもあるんだろうな。

ただ、意識しなければならないのは
私が適当に発言したことが、ゼミのメンバーみんなへの
「日本に対する印象」として植えつけられてしまうこと

例えば、「日本では働きながら子育てをする女性対する政府のサポートはないの?」
なんて質問に対して、私はどこまでしっかり答えられる??

最近すごく思うのが、先学期は慣れることに必死で
新しい生活に対する期待と不安をうまくブレンドすることだけで
精一杯になってしまっていたが

今学期は帰国することばかり考えている。
もちろん、帰りたいわけじゃない。むしろもっと長くいて
もっといろんな授業を受けて、もっと多くの事を吸収したい。
でも心のどこかで「私の本当の居場所は日本なんだ」という自覚があるせいか
日本に帰ったら何をしなければならないのか。
就職活動はどうするのか。卒論はどうするのか。
結局結論はでないまま、そうゆう帰国後の不安が膨らんでいるんだよね。

なんだかんだで、私は日本人であって
お米がスキで、抹茶アイスが好きで、着物をたまに着るのも好きで

それだったらもうちょっと自分の国の事をしっかり英語で説明しなければと思う。

今履修している授業の1つで"Psychology of Women"
という授業があるのだが

シラバスを見ると2年の時に、フィールドワークのゼミで
「働く女性」をテーマにし多くの女性にインタビューをした経験を思い出す。

コネとは素晴らしいもので、よっちゃんのママこと住田弁護士と一緒にお茶とケーキをいただきながら談笑した経験なんて法曹界に憧れを持つ人に対してはかなり大きな自慢話になるんだとおもうがww

あのときに住田弁護士が親身に教えてくださった男女共同参画の動きや、女性の雇用条件、就労状況などという基本的な情報。さらに、他にすごく大変な思いをして集めた、働く女性達の体験談。

この授業ではすごく良い話題として提供できるんじゃないか
そう考えたら、うちの大学の授業もすごく良く思えてきた。

日本のジェンダー問題をアメリカのそれと比較しながら考える事はすごく興味深く、将来働きたい私にとっては人事にも思えないので。
きっと就職活動をいましている後輩だったり、すでに終えている同学年だったり、ジェンダーを私より深く勉強してる友達だったり
そうゆう子達の意見を聞いてみたいなとも思うし。

そんなことを考えたら、やっぱり勉強って興味深いもので
そしてそれをみんなより1年多くできている自分は恵まれてるのだと
さらに、その機会を活かすも殺すも自分次第であるとも
考えさせられる事は多いのでした。

目指せ!インテリジェントゆきのん★
スポンサーサイト
コメント

わーわー住田弁護士うらやましい!!!笑

>日本のジェンダー問題をアメリカのそれと比較しながら考える事はすごく興味深く、将来働きたい私にとっては人事にも思えないので。


この、ゆきのんの意見には共感だよ。ジェンダー学を学ぶ一日本人としては!笑

帰国後の不安もあるだろうけれどさ、私はやっぱり留学できたゆきのがとってもうらやましいよ!
だから今は自分に与えられた最大限のチャンスを生かして、頑張るんだぞぉー☆★☆

最近のゆきのはなんだか気持ちが沈みがちだったみたいで心配だったんだけど
頑張れ!なんて言ったところで
そんなこと言われなくてもゆきのは頑張ってるんだよな~なんて思いながら
ゆきのを見守っていました笑。
でも、やっぱり頑張るんだぞぉ~☆★☆って言っちゃったね笑。

「目指せ!インテリジェントゆきのん★」
なーんて言っちゃう明るいゆきのが一番だよ!!笑
2006/01/26(木) 08:12:40 | URL | 紋子 #r3HFNj.2[ 編集]

ちょっぴりこの日記にあやこがコメントをしてくれることを期待していたので、すぐに反応がもらえて嬉しいよww
あやこがサブゼミでこのテーマやっていることは知っていたので、結構意見を聞いてみたいなって思う。だから、授業で疑問とか浮かんだら個別にメールさせてね。

見守ってくれてありがとう。
ほんと、こうゆう沈むのって人からどんなに励ましてもらっても結局は自分から這い上がるしかなくて苦労してるけど少しずつ軌道に乗っていけたらなって思うので。

そうそう。文章の閉めに良い言葉が見つからなくてちょっぴり恥ずかしながらも宣言してみた(笑)きゃは♪
2006/01/26(木) 10:31:23 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/181-690f468e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。