Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
現在深夜2時過ぎ
今帰宅・・・・ふぅ。

試験前でもないし、レポートラッシュでもないのに・・・
私が、Clay Wheel Throwing
つまり初心者向けの陶芸の授業を取っている事は知ってるかな??

簡単そうに見えて、結構難しい・・・
ゴーストの映画に憧れて、粘土をまわしてみたいとか思ってたけど
実際は、もっとかがんで粘土に微妙な力加減をかけて
調整したりとかするんです。
そりゃ、あんなイチャイチャしてたらすぐに形くずれるわ(笑)

現在の課題は2つ目のボール。
金曜日にラクしたくて、木曜日にちょこっとだけやろうと思い
友達とみんなでご飯を食べたあとに、スタジオに行った

ちょっとだけ・・・そう思ってたんだけど・・・
結果として、3時間半もスタジオに滞在するハメに
さらに、その間に完成したボールは

たったの1個!!!

インド人もびっくり(古!)

10個くらい試みたと思うんだけど
センタリング(回転盤の中心に粘土をあわせること)がうまくいっても
あげてるうちにずれたり

どんどんやっているうちに、ちょっとしたゆがみすら許せなくなって

「さぁ!次いってみよう!!!」

と、次々に粘土をこねていた。

1つ学んだ事は、当たり前でわかりきっていることだが
新しい粘土を使ったほうが断然扱いやすいこと。

いちど形を形成しようと試みた粘土君は、すぐにまた使う事はできない
水を足しながら形を作っていくからぐちょぐちょになってしまい
粘土がくたびれている状態だから。
つまり失敗したらまた粘土をこねるとこからスタートなのです
(事前に何個かこねておくんだけどね。)

でも、粘土の再利用はもちろん可能で、あまりにも古びてしまった粘土や
いらなくなった作品などすべて水と混ぜて、機械でこねて
Used Clayとあして使えるのね。

でも新しい粘土の場合はそんな手順を踏まなくても
ちょっとぐちょぐちょ感がなくなるのを待てば、2-3回はそのまま使える・・・

と言われているんだけど

新品の粘土と、ちょっぴり使われた粘土は
やっぱり全然違う・・・

その扱いづらさにどれほど苦戦したことか。

まあ結局できた作品は1個だったわけだが、粘土を回している時間は
キライではないので、まあヨシとするか・・・

努力する過程も、大事なのよ。
何事も経験がものをいうんだから!!!

といって、自分をなだめて寝ることにしましょう。
スポンサーサイト
コメント

陶芸の授業なんてあるんだ!

スポ方だけじゃなくて、音楽とか美術とかそういう実技系のが日本の大学にももっとあればいいのにな。
2006/02/03(金) 10:27:47 | URL | #-[ 編集]

んとー名前が書いてないぞ・・・?
うちの大学の人だよね?
2006/02/03(金) 14:33:52 | URL | ゆきの #-[ 編集]
ぎゃあ
ごめん!私です(汗

最近こういうミス多いんだよね。
各駅停車乗ったつもりが急行だったりとか。
2006/02/06(月) 00:43:57 | URL | まつもと #-[ 編集]

うっかりミス、私もあるある(笑

急行で自分の駅が猛烈な勢いで通過してしまった時って本気で切ないよね・・・・
2006/02/07(火) 10:40:55 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/188-b67afe2a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。