FC2ブログ

Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

今日は、先日スキー旅行で出会った交換留学生の友達から
夕飯一緒に食べようという誘いの電話をもらい

きりよく陶芸の宿題を1時間で終らせることができたので
近くのカフェで軽めの夕飯を取ることに。
そんなに量は多くないといっても、アメリカンサイズじゃないだけで
完食すればおなかいっぱい。
胃もなかなか回復傾向にあり、朝御飯と昼ごはんに
適当になにかをつまむだけにすれば当然に夜にはお腹が空く。
これはきっとまだ健康な証拠だねww

オーストラリア出身の彼は、外見は完璧にアジア人なんだけど
英語しか話すことができないという。
中国語は聞き取る事はできるけど、読み書きは厳しいとか。

スキーで一緒にリフトを乗ったときから思っていたが
彼は、すごくまっすぐな子。
純粋というかひたむきというか・・・
Whartonで金融専攻で、今年の夏はNYで投資銀行のインターンをしたい
なんて・・・・まさにこのビジネススクールに通う生徒の模範のレールを歩く!!
でも、その将来の夢を語る彼は白い歯を見せて、瞳を輝かせている。

真っ白な熱々のモッツラレラチーズを口の中で溶かしながら
彼の話を聞いていると、その自信ある堂々とした話し方に
人生で最大の挫折ってなんだったんだろう?とか
エリートなんだろうな・・・とかどうしてもそうゆう事を思っちゃう。

そんな自分が、ちょっぴしひん曲がっているようで
恥ずかしくもある。

会話の間の間を極力作らないようにしているのも分かるし
言葉遣いも丁寧で、ちゃんと会話のキャッチボールが成り立つように話題を選んでる。
社交的で顔も広いだろうことなんて、言うまでもない。

180センチと長身で、髪の毛もちゃんとセットして、ジムで鍛えた身体にきちんと自分の似合った身のこなしをしてて、きっとそこそこもてるだろうし、自分もそれをある程度は自覚しているなという
イマドキのお洒落な男の子って感じ。
でも、実はまだ19歳であるということを私は知っています(笑)
正確には早生まれなので学年で言うと2つ下。

年下だけど、それを感じさせない
すごくしっかりと目標があって、それが自信に繋げられていて
さらに、様々なことを対等にそして積極的に共有しようとする姿勢。
留学先でしか知り合えないような人だなと思う。
だから、仲良くできるのはすごく嬉しい。
一緒に会話していて、結構楽しんでるし。

でもね、年齢差のせいもあるのかもしれないけど・・・・
そのあまりのまっすぐさが、可愛くて彼が弟みたいな気分にさせられる。
そんな気分になっている自分は、もはやおばちゃんだなぁ・・・と。
そして、それは自分がもうそのひたむきさがないからなのではないか?と

だから、こんな友達を見習って、私も少し純化されればいいと思う。

ひとつ気になったのは、通りすがりに挨拶する友達はほとんど女の子で
しかも結構可愛い子ばっかりであるということ。
まあ目をつぶっておきます(笑)

あと、このお店名物のコーヒーの入った特大マグカップを眺めて
今度の陶芸のマグカップを作る時にはこんな形のを作りたい!と思った。
なんだかんだで、陶芸の授業は履修して正解だったみたい。
スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/192-2e8613e2
トラックバック