Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
今日は夏学期最後の朝練。
3年生の中にはもう7:25集合の朝練は最後になるって人もいたんじゃないかな。
なんか、時の経過は早いもので
ちょっぴり寂しくなってしまう。
私も今年は部活で練習に混じることが最後になると思い
いつもより張り切って、本格的に練習に混じってみた。
指導する立場でありながらも、結構必死だったけど(笑)

ラクロスって楽しい~!!!


できないことがあるともどかしいけど、それができるともっと嬉しい。
それが個人技術面じゃなくチーム技術面だったらさらに嬉しい
チームスポーツだから、そのときに感じる喜びは人数分で倍増する気がする
あ~やっぱりひよらずもっと普段からガンガン練習混じっていれば良かった・・・
なんて今更ながら後悔もしたのでした。

部活後にうちの学年で卒業アルバムに提出するスナップ写真を撮影
自分の髪の毛はぼさぼさで、眉毛もないくらいのスッピンで、アルバムに一生残ると考えたらかなりやばいけど、部活してるときの楽しさがちゃんと伝わっている写真に仕上がっている予定。
今年卒業する予定のみんなへ。グラウンド上でのスッピン泥だらけの女ラクっ子たちの写真をみつけても変な批判はしないように。これがうちらの良さなんだから。

練習後に着替えるときに靴下を脱いで
ラグビー場の土の汚れによる足の黒さにびっくりしたけどね(苦笑)

スッピンで若干汚いまま渋谷へ・・・・
行きたくなかったけど、仕方なかったんです。
大事な用事があったのだから!!
半期分の寮費の振込み(40万くらい)という大事な用事が。

お母さんと待ち合わせたとき、私を見て第一声が
「うわ!きたな!(笑)」だったけど

シティバンクに行ったら、どうやら私が持っているワールドキャッシュでは海外送金はできないとのこと。いまいち、シティバンクの仕組みを分かっていないことが判明。

そして、気を取り直して三井住友で送金。
海外送金はなんと手数料が8000円くらいかかるらしい!!!
日本の銀行側からとる手数料と、あっちの銀行側からとる手数料との合計だからとかなんとか。
バカじゃないの!?
でも、銀行は手数料で儲けているとも言われているくらいだから仕方ないのか

ベトナム料理屋さんでランチをしているうちに
やっぱりシティバンクはワールドキャッシュじゃなくてきちんと銀行口座を開設しておくべきなのではないかという話になる。
私に説明をしてくれたお姉さんは、留学なら一般的にワールドキャッシュとしきりに説明して、口座開設はあまり勧めないとまで言われたので流れでワールドキャッシュだけにしてしまったのだが、海外の口座を持っている事は非常に便利であるから持っていて損はしない。
しかも50万円以上入っていれば月々の高い口座維持手数料は無料になるらしいから、最初に50万振り込んでおいてそこを0地点として考えればそこまで不便でもない。
何かの事故があってそのお金が盗まれてしまった場合はかなり危険だけど。

というわけで、またシティバンクに戻り口座開設を申し込む。
やっぱり母親と一緒にいるとこうゆうことに関する行動力も大きくなる。

シティバンクの雰囲気は他の日本の銀行と全然違う。
顧客を選ぶという感じ。
もちろん、接客態度が人によって悪かったりするという意味ではなく。
お金がある人と庶民では勧めるものも違うのだ。
だから、口座開設をあまり勧められなかったのだろう。
しかも今日なんていつもにも増して汚い格好をしていたので大して相手にする必要がないくらいに考えられていたかも・・・・・

口座開設となると2階に上がるとそこはまた別世界。
どこかの相談所のようにジグザグの配置で扇状の机が置かれていて、担当者がスタンバイしていている。
一番奥にはVIPルーム用の部屋も見えた。
いつもの銀行とあまりにも感じが違いすぎて、戸惑っちゃった。

海外で使える銀行口座を入手した私は
将来の海外進出への第一歩を踏み出した気分になり
絶対にグローバルな女になってみせる
と、若干勢いをつけて
帰り道はいつもより少し背筋を伸ばして歩いたのでした☆
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/27-2767aa17
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。