Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
他大の授業が受けられるという好奇心で、今期は東工大の授業を2コマも履修しちゃってます。
1つは平常点だけど、もう1つはテスト
そしてそのテストは今日でした。

外部の生徒にも関わらず裏ルートを使って2~3年分の過去問を入手してたので、問題がどんな感じかはなんとなく分かっていたのだが・・・・
60点以上取れたかどうかは微妙。
自分の大学で社会学部ゆえに「テストは書けば通る」という
いつもの癖が染み付いていて、とりあえず解答用紙は適当なことを書きつつも全て埋めた。
回路図を描く問題なんて軽くお絵かきだったし(笑)
提出しにいくと、ちらっと解答用紙をみて、私のことを常に気にかけてくれていた優しいダンディな先生が
「良くかけてるね。」と言ってくれた
内容をみたらどう思うのかを考えたらちょっぴし苦笑い

テストももちろん本日の大事なイベントだったけど
夕方から高校の友達と飲んだことも私の中ではかなり大きな行事
私が留学するということと、しばらくは東工大には来ないということで同じ高校の東工大生3人と一緒に飲もうということになってね
多分、私の高校時代の友達が聞いたら驚くと思う
卒業直後だったら絶対に集まることはないだろうメンツで
だから、今日みたいにお酒を飲みながら語るというシチュエーションももちろんはじめて。
すごく懐かしいんだけど、でもとっても新鮮。
良く分からない不思議な感覚だった。

安く済ませたいということで、事前に腹ごしらえをして
さらに「東京で一番安い店」がキャッチコピーの一休@自由が丘で
自由が丘って、お洒落な街というイメージが強いけど学生もいる街なので居酒屋もなかなか競合しているらしい。

当時17歳~18歳だった高校生時代のことを懐かしく思い返しながら
言いたいこと言って、笑いたいだけ笑って
誰に強要されるわけでもないのに飲みまくった
一休カードも使って食べ物5~6品しか頼んでないのにあの値段・・・
でも、こんなことをできるようになったのは、うちらが年を取ったからなんだと思う。

あまりに楽しすぎたので、終電の時間を知っていたくせに
気がついたら終電がなくなってた(笑)

というわけで、研究室に所属する一人の子を頼りに
2駅歩いて、東工大の研究室へ向かってそこで始発まで時間をつぶした。
理系の研究室は泊まることが多いからか、寝心地がよさそうなソファが置いてあるの。
しかし、想定の範囲外のオール(笑)
今考えると、バカだなって思うけど。
でも、テンションが高かったのか電車を逃してもぱにくることなく、やけに楽しかったな。

夜道を歩きながら、半分こずつ分けたパピコとか
死体のようにソファの上に転がった酔っ払いたちの光景とか
ヒールのサンダルがめんどくさくて、建物内を素足で歩いちゃった自分とか
ちょっと肌寒いような、でも蒸し暑いような夏の夜のにおいとか
明け方に非常口の階段で座り込んでやった線香花火とか

だめだめ大学生の典型と言われてしまいそうだけど
きっとこうゆうこと今しかできなかった思う。
計画も立てずに4人の気ままな流れで行動してた
あの日のあの瞬間じゃないときっとできなったことだろうな

渡米前にまた1つ、思い出が増えました
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/28-7ae56831
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。