Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
午前中で適当すぎる比較教育学のレポートを仕上げ
無事に提出しに行き
今期アシストとしてお手伝いをして仲良くなった
スイスから来た留学生とSquall Cafeでケーキを前にして談笑。
このお店定番のチョコチップチーズケーキにアイスクリームをつけて。
何度食べても美味しい

留学前、会えるのが最後になるだろうと
かなり中身が濃い話をした。

彼は日本語は話せるけど、やはり英語のほうが話しやすいので
後半はほとんど英語。
その分、中身が余計に濃く感じたのかもしれない

私がこの10ヶ月でアメリカ存在できることがどれだけ重要で恵まれていることか
自分の1つの居場所として拠点を広げることができるんだって。
いろんな人と出会い、多くの経験をできること
それがどれだけ素晴らしいことか、激励する意味で熱弁してくれた。

あとは、異国の地では私は完全にアジア人。
だから、その国の言葉がしゃべれないと、完全になめられるし、ぼったくられる。
私の英語に問題はないと褒めてくれたけど
仮にどこかに英語圏以外の国に旅行に行くことがある場合は、少しでも言葉を学んでいくべきだと。
そうでないと、うそを言われても気づかないから
お金稼ぎに最適な餌食となってしまう。
そうゆう事を自覚する事も、すごく大事なんだって

さらに、すごく嬉しかったのは
私は他のアシストの学生と違って
自分のどんな話でも真剣に聞きながら相槌を入れるその態度が
とても一緒に時間を過ごしていて心地よかったといわれた
(ちなみに口説かれているわけじゃないからね(笑)

きっとそれは、彼だけが特別というわけではなく
友達みんなに対してそうなんじゃないか。
そして、私が心理学に興味を持っていることにも関係があるし
ものすごく大きな魅力であると。

褒められすぎて、すごく照れたし
こうやって自分で書くとすごい恥ずかしくなってくるけど
そうゆう風に思ってくれる人が
留学生の中にもいるという事が、すごく嬉しくて自信につながった。

実は社交辞令かもしれないけど、
欧米人は正直に物事を言う性格であるという説を
都合よく、鵜呑みにさせてください(笑)

現地で凹んだときは、今日言われた事を思い出さなきゃ。
スポンサーサイト
コメント

おお、調度スコールで出くわした時のことなのね(笑
2005/07/28(木) 13:18:50 | URL | たすく #-[ 編集]

そうなのよー。まさにあの時!!
たすく達もチョコチップチーズケーキ食べてたよね(笑)
2005/07/28(木) 21:31:30 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/31-4b23061f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。