Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
すっごいたくさんの人が、メールくれたりコメントくれたりして
家族もこの私が既に弱音を吐くなんて思ってもなかったらしく
すっごい心配してくれて
ますます日本が恋しくなった(笑)

というのは半分冗談で。(でも、半分本当。)

私ってば、何のためにあんなに盛大に送り出されたのか
この数日のばたばたで忘れてしまっていた気がする。
それは、絶対にアメリカで辛いことがあると思うけど
日本にいっぱい応援してくれている仲間がいるんだって
だから、落ち込んで不完全燃焼になって留学生活
後悔だらけで帰国しちゃいけないって

ありがとう。心の支えだよっていう言葉をここまで
肌で実感したのは、21年間生きてきて生まれて初めてかも。

私が落ち込んでたのは履修のトラブル。
留学生課は、履修なんでまだやってなくてもNO PROBLEM!心配しないで!
みたいに言ってるくせに
昨日アカデミックアドバイザーとの面接があったから
いろいろプランを考えて相談に乗ってもらうつもりが

「これが面白そうだと思ってるんですけど・・・」
と言うだけで

「はいはい。」
といって、コンピューターでさっさと履修登録を始めてしまうではないの!

だから、いろいろ悩んでるから相談したいんだってば!
でも、相談に乗ってくれる気配はまったくなし。

6月の時点でペンの内部生はネットで事前登録ができるから
私の興味のある授業のほとんどは埋まっていたり
あとは教員の許可が必要とかで認められなかったり。
フランス語のクラスは、今回取ろうと思っていた異常心理学と重なった時間しか空いてなくて、夕方のクラスの初日に直談判しにいかなきゃだし。
なにせ、心理のゼミは人気みたいで
フレッシュマン向けのものはすべて定員いっぱいだし
そもそも教員の許可が必要だからここでは登録できないって言われて
結局心理学系の授業の大講義4つをポンポンと登録されて

唖然・・・・

この人、とりあえず交換留学生に4つ授業を登録させれば
それで自分の仕事が終わりだと思ってるんじゃないの??みたいな。

たしかに15分間の面接で親身に相談に乗ってくれるってのも
ありえない話だとは思ってたけど
まさか、ここまであっさりしてるとは。

甘かった。そうだった、アメリカってこうゆう国だった。
日本の困ったらなんでもしてくれる、ぬるま湯環境につかってて
自分の思うように事が運んでたから
履修で思うように授業が取れないことなんてもちろんなかったし
(抽選で英2落ちたりした経験はあるけどさ)
感覚が麻痺してたことを痛感。
交換留学生で、事前登録ができなかったから
特別の枠で入れてもらえることなんて問答無用。
優遇なんてされない。
つまり、秋の授業は残りものから履修するしかないってことみたい。

自分は今までやや積極的な部類だと思っていたけど、
(7点尺度の5くらい)
アメリカのこの大学に来て
こんな積極性じゃまったく相手にしてもらえないことも痛感。

卒論のテーマに大いに関係するテーマの研究者の筆頭である
ポジティブ心理学会の某S教授の超発展講義に挑戦しようと
思い切って本人にメールをして
自分は、過去にこんなテーマの実験をしてきただとか
こんな心理学者の論文に基づいた研究をしただとか
具体的に著名人の名前を挙げて丁寧にメールをするも

もらった返事は、一言

It's filled. Sorry.

こいつ、絶対全部読んでない・・・・・

うちの、ゼミの先生がいかに生徒想いで
いかに優しかったのかを改めて実感した

心理学部に交渉しにいきなさいと言われるも
オフィスアワーは月から木の指定された1時間半の間のみ
これもびっくりなんだけど
うちのゼミの先生が自分の研究室によくいる先生で
困ったときはすぐに相談にいけたという環境が
すごい恵まれていたんだなということを再確認。

現時点で、私は心理のゼミ形式授業をまったく取れない可能性が高く
もちろん大講義でも質の高い授業はあるんだろうけど
教官や生徒との距離はかなり遠いと思う。
でも、3年半大講義でいかにうまく予習をさぼるかを
知ってしまっているから、正直不満があし
やりがいを感じられないんじゃないかって不安もある
せっかくアメリカのアイビーリーグ大学に留学に心理を学びに来たのに
結局何も得てなこなかったら、来年ゼミにどんな顔して帰国していいのかわからないもん。

日本ってよかったな・・・・ってネガティブな考えばかりもって
昨日は相当落ち込みながら寮の部屋からの夜景をみてたけど

みんなからの励ましと、睡眠でちょっと元気になりました。

まだできることがあるうちは
それをやってみないと何もはじまらないってな。
スポンサーサイト
コメント

アメリカは交渉の国でもあるから、なんとか強気でがんばってください。
内部生は6月の時点できまってるのですよね?unfairって言葉、結構ききますよ(MITでは)

がんばってください。
2005/09/02(金) 10:18:30 | URL | robo #-[ 編集]

ゆきの、慣れない環境で大変だと思うけどがんばれ!!おいらは明日から3週間東南アジアを放浪してくる。
2005/09/02(金) 11:54:25 | URL | い #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/03(土) 03:07:23 | | #[ 編集]

Robo>ありがとうございます!おかげさまでゼミの授業で興味深そうなものを履修することができました!!!

い>南アジアどうだった?
こっちは授業が始まったよー。
まだ初日だからやる気はあるよ(笑
いつまで続くかな?
2005/09/07(水) 12:57:12 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/68-578bfd29
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。