Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
ワシントンDCに行ってきました。日帰りで・・・・
朝の7時に相棒のり子のモーニングコールがなかったら
間違いなく寝飛ばしていただろう思われる。
前日帰宅して、メールをチェックしようとベッドの上でパソコンを起動
そして、そのまま記憶が飛んで起きたらモーニングコールの電話が
かかってきたという感じだから(汗)
留学生オリエンテーションのパーティーであったスペイン出身の長身美人の女の子と二人で行動。
久々にゆっくり話せて良い時間が過ごせたと思う。
彼女は1年生だからまだ18歳なんだけど・・・全然みえない(笑)

ピンクのピースマーク?ワシントンは小学生のときに何回か行ったことがあるけど、有名な銅像とかモニュメントの前で写真撮ったなーって程度の記憶しかない。あと。当時はホワイトハウスの中は問題なく入れたけど、今日は入れるどころか近寄ることすら不可能でした。
なぜなら、反イラク戦争の人々のデモがすごくて・・・
週末にこのデモのためにDCに集うProtestだらけ
うちらの留学生ツアーの他にもペンからDCに出発しているバスがあって、
何かと思えばペン周辺のProtestの人たちのためのデモツアーだった。

どうやら女性だけのプロテストのようです2枚のピンクがかわいいデモの写真は女性ばかりの集団。
女って結束すると恐い・・・って思ったけど・・・
でも、力強く平和を主張する彼女達の姿が
やけに印象的でもあった。
日本ほどではないにしろジェンダー問題はアメリカでも皆無なわけではないと思うから。

ピノキオブッシュ「ブッシュはうそつき、戦争で人を殺した」という
英語の看板を持った人だらけだったけど。
中には、うそつきな大統領の鼻がピノキオみたいに
伸びてしまっている巨大風船人形まであった
アメリカ人的なユーモアのセンスを感じるけど、
これが日本で小泉大統領に対して同じことが行なわれたら
国民やメディアの反応って全然違うんだろうね。

ホワイトハウス正面小さい頃は、観光ツアーの一環としてらくらく中に入れたホワイトハウスも、今では近寄ることすらできない。必死に人ごみを掻き分けてズームを駆使してやっとの思いで撮れた写真がこれ。
ホワイトハウスに近づくのも、そこから遠ざかるのもデモパレードに巻き込まれ、巻き込まれですごく大変だった・・・・・
どこからこんな多くの人が、この小さいエリアに集まってきたのか不思議に思うくらいの人、人、人・・・・・・
観光のつもりが思わぬ現場に遭遇して、かなり貴重な体験をした。
ただ、私はイラクが先に仕掛けてきたことだし
ブッシュの戦争に関する対処も、そりゃ完璧であったとは言えないけど
彼の行動がここまで非難される理由はどうしても理解できない。
平和を懸命に主張する彼らの姿をみて、感心すると共に悲しくもあり複雑な気持ちになったかな。
9・11の傷跡は、アメリカにとって予想以上に大きかったんだと
しっかりと肌で感じて、耳で聞いて、目で確かめた感じがしました。


午前は歩いて、デモに巻き込まれて疲労が・・・お昼は屋台で軽くぼったくりなサンドイッチを適当につまんで午後は美術館へ
National Gallery Of Artは、あまりにも広かったのでアメリカとヨーロッパ19世紀あたりのエリアだけ絞ってみようということに。
絵画というと、フランスびいきなせいもあるのかヨーロッパ絵画好きな私だけど、ここでのアメリカ絵画はすごくよくて、印象に残った。
花や果物のStill Life(写生画)が絵の具使いが凄く綺麗で
ハッとしてしまうほど臨場感が伝わってくるような。

写真いっぱい撮影した・・・あとは、National Museum Of Natural History
NYにいったときも思ったけど、博物館って面白い!!
そして、私は鉱石が好きであるということ。
加工されたまばゆいダイアモンドもすごいと思うけど。
鉱石そのものは自然のありのままの形でも美しいでしょ?外見は単なる石なのに、中身に美しさが詰まってるっていうのが。人間も外見だけでは、判断できない内面の魅力を各々が持っているのと少し似ているけど。
その自然の美っていうやつに、私は魅力を感じます。

くねくね!こんな感じの、自然現象でくねくねしたクリスタルとかもある。
DCの写真の中でデモの写真よりも自然史博物館の鉱石の写真のほうが多いあたりすごく自分の興味が表れてるなって思った。本当に博物館は童心に返れるし”Please Touch!”とか注意書きがあるあたりも嬉しくなったりする。

日帰りは短くて行けなかったところもいっぱいあったけど
なかなか充実したDCの旅でした。

<編集後記>
なんだかんだで、書くの超時間かかったわ・・・・
これだからブログって書くのに気合がいるんだよね。
スポンサーサイト
コメント

私も写真に写っている絵画凄く好き!!!
マグノリアだよね?
私マグノリア好きなのよ。

ではでは~。
2005/09/25(日) 15:58:03 | URL | shino #-[ 編集]
いいねー
写真がたくさんあって、アメリカ感がいっぱい伝わってきてワクワクした!!笑

たくさんの良いものに触れているみたいで、いいことだね(^_-)-☆
2005/09/25(日) 16:48:14 | URL | 紋子 #r3HFNj.2[ 編集]

Shino>マグノリアって花の名前?
画家は調べたらMartin Johnson Headsって人でした。
http://www.nga.gov/cgi-bin/pinfo?Object=92607+0+none
直リンクして見れるかなぞだけど、詳細があるよ。
この絵、すごく目に止まった一枚でした。

あやこ>写真は奮発して大サービスだよー♪本当は全部公開したいくらいなんだけどね♪私のデジカメはなかなか古いけどかなり頑張ってくれてます♪


2005/09/26(月) 19:13:51 | URL | ゆきの #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://upenn.blog12.fc2.com/tb.php/84-3a0c540c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。