FC2ブログ

Hope*Of*Snow in USA!!!!

ペンシルベニア大学へ進出しました。どきどき、わくわく、おろおろな毎日ですが、もうやるしかない(笑)

今日はバレンタインだったけど
特に変わった事はなかった。
22歳の乙女がこんなんでいいのか?
強いて言えば、GAからチョコレートをもらったくらいかな。
あと、ぶっちゃけていえば今日はお菓子しか食べてない。
虫歯に注意しないと・・・・
ってか誰かおいらの食生活を正して・・・・

アメリカは、チョコレートをあげる習慣もあるけど
友チョコも本命チョコも義理チョコもない。
チョコはチョコ。でもハートの装飾でいっぱいのお菓子だったり
赤とピンクオンリーのM&Mとか、結構可愛いww

あと、薔薇の花をあげる習慣があるらしく
路上では花を売っている人がいっぱいいた。

イベント探せば、きっと今日もいろいろあったのだろうが
(ペンとプリンストンでのバスケの試合があった事は知っている。)
レポートと週末のインタビューのことばかりで頭がいっぱいで
そこまでアンテナが張れていない。

フランス語の宿題も忘れるありさま
しかも中間試験が返されて、史上最強に悪い成績を見た。
初級の語学でCなんて取るのはありえないと思っていたが
このままだったらありえるかもしれん・・・・・

最近、疲れやすいのは食生活のせいなのか?
それともきちんとした体勢で寝ていないせいなのか?
単なる運動不足かな?
13日までに、Abnormal Psychologyのファイナルペーパー(15枚だぜ・・・)
のトピックについてきちんと引用文献とアウトラインを清書して
提出しないといけないので、今日は図書館で調査をしてた。

論文検索サイトにキーワード入れて
そこの結果に基づいて図書館内にその本を探しに行く
私、この作業がすっごく好き。

ちゃんと本が決まった場所にあるかな?っていうあのワクワクした感じ

そして、もちろんその本の周りに置かれている本達も自分の興味のある本なわけで

そうやって道草を食うのがすごく好き。

「あ、今度これも読んでみたい・・・」

なんて思いながら、実行したことはあまりないけど・・・(笑)
でも、その自分の好きな分野の勉強好奇心をくすぐる

あの感じがすごく好き。

でも、ペンの図書館を利用できるのもあと3ヶ月しかないと思うと
もっともっと有効活用しないとな・・・って思う。

アメリカの大学の図書館のサービスに慣れてしまうと
きっと、日本の大学の図書館に失望すること間違いなしだろうな。
ベストセラー小説とか置いてないしね・・・・
話題になったDVD映画とか借りれないしね・・・・
欲しい本がなかったら、他のアイビーリーグ大学から取り寄せて
一週間くらいで届くなんてシステムもないよね?

あと図書館といえばちょっぴし憧れることがひとつ。
続きを読む
現在深夜2時過ぎ
今帰宅・・・・ふぅ。

試験前でもないし、レポートラッシュでもないのに・・・
私が、Clay Wheel Throwing
つまり初心者向けの陶芸の授業を取っている事は知ってるかな??

簡単そうに見えて、結構難しい・・・
ゴーストの映画に憧れて、粘土をまわしてみたいとか思ってたけど
実際は、もっとかがんで粘土に微妙な力加減をかけて
調整したりとかするんです。
そりゃ、あんなイチャイチャしてたらすぐに形くずれるわ(笑)

現在の課題は2つ目のボール。
金曜日にラクしたくて、木曜日にちょこっとだけやろうと思い
友達とみんなでご飯を食べたあとに、スタジオに行った

ちょっとだけ・・・そう思ってたんだけど・・・
続きを読む
今日のPsychology of Womenの授業はすっごく楽しかった。
ちょっぴり悔しかったのは、言いたい事がたくさんあったけど
頭の中で英語ではうまく整理できずに、そこまで発言ができなかったということ。
他の生徒が自分の意見を代弁してくれて「あああ、こうゆう風に言うんだ。」って
そうゆう意味でも勉強になった。

今日のテーマは「メディアが作り上げたフェミニン像」
(なんか日本語で訳すとうまく伝わってるか自信がないけど)
なんとなく、リーディング教材に関する抜き打ち小テストがある予感がしたし
今週は、Reaction Paperも書かなきゃいけなかったので
わりと真面目にリーディングをしていたということもあり
ものすごくいろんな事が考えられた。
当たり前だけど、予習をすればするほど授業が面白くなるね。

今のメディアは「美しい女性=胸が大きく、ウェストはしまっていて、ヒップはそれなり、そして適度に細い。」というイメージ。
それと、服装だったりお化粧だったり外見重視の傾向が強い。
だから、みんなダイエットに励んだり、ファッション雑誌を研究したりする。

その理想像になるには、相当の努力をしても難しいというくらいなのに・・・

そうゆう時代の流れの中で作られた1つのおもしろいビデオを見た。

「女性は胸が大きくて、形が綺麗であるべし」
そんな社会のステレオタイプに焦点を当てて作られたビデオ
208人の女性と、1人の性転換した男性の協力を得て
上半身裸で、自分のバストを大胆に公開してインタビューに答える。
自分の胸についてどう思うか、コンプレックスとどう向き合ってきたか、など。

つまり、完璧なバストの人はほとんどいなくて
標準より小さかったり、大きすぎたり
20代前半なのに、すでに垂れていたり
乳がんで半分の胸を切除してしまったり
シリコンを入れたことがあからさまだったり・・まあいろいろ。

その中で20歳にして1児の母でありながらストリッパーとゆう女性の
ある発言に考えさせられた。

「子供を産んでから、私の胸の形は完璧に崩れたの。こんなことになるんだったら、もう二度と子供なんて産まないわ。」

女の人は出産をしたら、ホルモンのバランスが崩れて体型が変わる。
赤ちゃんのために蓄積した栄養分がそのまま残ってしまい
産後太りに悩む女性はたくさんいる。
胸だって張りがなくなったりするんだろうけど・・・・

彼女のように女性らしい体型を保ちたいという願望がものすごく強く
出産をしたがらな女性は近年アメリカでも増えているんだって。

でも、子供を産む事は女性にしかできないんだよ?
女性らしい身体になることは、男性でも努力すればできるけど。

女性はそうゆう考えを持っていることが当たり前だと思っていたので
この意見を聞いたときは、正直複雑だった。

心理学がらみのジェンダー問題を真面目に勉強しはじめてから
面白いことに、昔の私と考えが変わってきた部分がある。

前は、自分の事に精一杯になれば子供は育てられる余裕がないので
子供は欲しくない・・・なんてことを思っていたけど
最近は、結婚願望は置いといて、子供が欲しいなと強く思うんだよね。

1月頭にお母さんと会っていろいろ考えさせられたり
ジェンダーに関する資料を読みあさったり
あとはそろそろ大学卒業で、結婚の話題もちらほら出たりすることで

母性本能って言うの?目覚めちゃったのかな(笑)

motherhood と womanhood

昔だったら、絶対に女性らしくありたい!と思っていただろうが
最近は母親になることも面白そうって思う
できれば、キャリアウーマンでありながら母親ってのが理想だけど。

というわけで、この授業は自分の将来の事についても真面目に考えさせてくれそうですww
今日って1月30日だよね?
なのに、なのに・・・・最高気温が15度ってどうゆうこと!?

朝起きたとき、22階の部屋から外を見たら、いつも見えるはずのセンターシティの光景が何も見えず、外が真っ白だった。
リビングの全面張りの窓を見ると、高さがあるから真正面の景色は見えるのに、見下ろすと霧がキャンパス全体にかかっていてた。
なんとなく雲の上にいるような感じでした。

今年の東海岸気候は、絶対におかしい!!!

そんな晴れた日だったので、Abnormal Psychologyのゼミで
先生が、「外で授業をしよう!」と提案。
心理学の研究室が入った建物を出てすぐの広場で
生徒はみんなあぐらをかいて、先生は椅子に座ってディスカッション。
アメリカっぽいよねぇー。
でも、天気が良かったのですごく気持ちよかった♪

お母さんがiPodシャッフルをもってきてくれてから
PCで音楽を聴くときにiTunesを利用するようになったので
iTunesとMSNは何かの繋がりがあるせいか、
メッセでオンラインになると自分の聴いている音楽が表示されます。
「退席中」と表示されているくせに、音楽名が表示されている事が
たまにあるかと思いますが、その辺は気にせず(笑)
最近また何曲か新しい曲を取り入れました。
あゆの1月はじめに出たアルバムとかね♪
絶対に日本にいたときより邦楽聴いている自信があります。

オススメの音楽があったら、みんなぜひぜひ教えてください。

さてと、おいらは音楽を聴きながら
手付かずのフランス語の作文(セクションが3つに分かれていてめんどくさい)
記事すら読んでいないPsych of Womanの批評ペーパー
少なくともこの二つは今夜中に終えないと・・・・

きあいだぁ!!!